Google標準アプリ活用ガイド

15GBまで無料で使える保管場所。スマホのファイル保存は「Googleドライブ」を活用しよう

Googleドライブは、さまざまなデータに対応したオンライン上のファイル保管サービスです。

こうしたサービスを総称して「オンラインストレージ」といいます。
パソコンに比べてデータ保存容量が限られるスマホでこそ、おおいに活用したいですね。

Googleドライブには、ファイル保管機能以外に、ファイルを扱う上で便利な機能がいくつも用意されています。

1.Googleドライブでできること

ファイル保管サービスの一番の特長は、機器やOSの種類に関係なく、インターネットにつながる環境であれば、どこででも必要なファイルにアクセスできることです。

Googleドライブでは、この基本機能に加え、仕事仲間や友だちなど第三者とのファイル共有も簡単に行うことができます。

Googleドライブ

Googleドライブは、Googleアカウントに紐づけされているので、同じGoogleアカウントで接続すれば、異なるスマホやタブレット、パソコンなどからすぐにアクセスできます。

Googleフォルダー中のGoogleドライブ

Googleドライブでは、おもに次のようなことが行えます。

・ファイルの保存
・ドキュメントやフォルダーの作成と編集
・ファイルの共有
・ファイルの閲覧
・資料などのスキャンと保存

メールなどでそのつどファイルをやり取りしなくても、Googleドライブの中でファイルを共有できるので、確認や編集もスムーズに行うことが可能です。

■Googleドライブに保存できるファイルの種類

Googleドライブはパソコンからも利用できるので、パソコンで使用できるファイルと同等のものを保存することができます。

・PDFファイル(PDF化された取り扱い説明書や書類など)
・文書ファイル(テキストファイルやWordファイルなど)
・スプレッドシート(Excelなどの表計算ファイル)
・プレゼンテーションファイル(PowerPointなどで作成したファイル)
・音声ファイル(音楽ファイルや録音した音声ファイル)
・写真や動画ファイル(デジカメやビデオで撮影した写真や動画など)
・そのほか、パソコンで作成したファイルやフォルダー

Googleドライブの容量を確認するには

Googleドライブをどれくらい使用しているかを確認するには、Googleドライブのメニューアイコンをタップし、「設定」をタップします。

一番上の「保存容量」で使用容量を確認できます。

写真の保存、Googleフォトとなにが違う?

Googleフォトは、写真と動画に特化したファイル保管サービスです。

Googleフォトの場合は「高画質」(1600万画素以下の写真、1080p以下の動画)の設定であれば無料かつ容量も無制限に保存できますが、Googleドライブにはこうした条件は用意されていません。

Googleドライブに写真や動画を保存すると、1ファイルの画素数や容量に関係なく15GBを消費するので、注意が必要です。

2.ファイルをアップロードしてみよう

Googleドライブを起動すると、画面のようなトップ画面が表示されます。

ファイルをアップロードしたり、新規にファイルやフォルダーを作成したりする場合は、画面右下の+をタップして表示されるメニューから操作します。

「新規」メニューの表示

ファイルをアップロードする場合は、メニューから「アップロード」をタップします。

最近使用したファイルの一覧が表示されるので、そこから目的のファイルをタップして選択するか、画面左上のメニューアイコン(メニューアイコン)をタップして、ファイルの種類や保存先からアップロードするファイルを選択します。

選択するとすぐにGoogleドライブへのアップロードが開始されます。

ファイルのアップロード

Wi-Fi接続の待機中でアップロードできない場合

Googleドライブのファイルのアップロードは、初期状態ではWi-Fi接続時にのみアップロードできる設定になっています。

Wi-Fiにつながっておらずモバイルデータ通信で接続している場合は、画面のように待機中と表示され、Wi-Fiに接続するとアップロードされます。

モバイルデータ通信の状態でアップロードする場合は、「Wi-Fi接続の待機中」画面をタップすると、アップロードが開始されます。

なお、モバイルデータ通信でのアップロードは、契約しているデータ通信の容量を消費するので、急ぎでない場合は、Wi-Fiに接続をしてから実行するようにしましょう。

Wi-Fi接続の待機中

3.資料はGoogleドライブで共有・編集しよう

旅行のスケジュールや同窓会の案内状など、家族や友だちなどで共有したい資料は、Googleドライブに保存しておけばどこにいても利用できるので便利です。
コメントを入れるなど簡単な編集作業も行えます。

ファイルを共有するには、共有するユーザーを追加する方法と、リンクを共有する方法の2つがあり、それぞれ次のような特徴があります。

ユーザーを追加 ・仕事で使う文書などを共有する場合に便利。
・相手のGoogleアカウントを指定。
リンクを共有 ・ファイルのありかをURLでメールやSNSから送れるので便利。
・相手はGoogleアカウントは不要

どちらの場合も、共有する人の権限を「編集者」「コメント可」「閲覧者」から選択することができます。

なお、「リンクを共有」は、リンク先URLを知る人であれば誰でも閲覧したり編集できてしまうので注意が必要です。

また、「ユーザーを追加」では、相手のGoogleアカウントを指定することで、そのアカウント以外からはアクセスできないようにセキュリティを確保できます。

ただし、Googleアカウント以外のメールアドレスも指定することができ、この場合は「リンクを共有」と同様、相手のメール宛てにGoogleドライブへのリンク先URLが送信されます。
そのリンク先URLを第三者に知られると誰でもアクセスできてしまうので、利用の際は注意しましょう。

ユーザーを追加
リンクを共有

ここでは、「ユーザーを追加」で共有する方法を紹介します。

■ユーザーを追加してファイルを共有する

共有したいファイルのその他アイコンをタップしてメニューを表示し、「ユーザーを追加」をタップします。

ユーザーの追加画面が表示されるので、ユーザー欄に相手のメールアドレスを入力します。
連絡先に登録してあれば候補が表示されるので、タップして選択してください。

権限はユーザー名の右側の▼をタップします。鉛筆は編集可、目は閲覧のみになります。
あとは送信ボタンを押すと、相手に送信されます。

相手にはファイルを共有した旨、メールが届くので、「開く」をタップするとファイルを開くことができます。

ユーザーを追加してファイルを共有する

未対応のファイル形式はGoogleドライブで確認しよう

メールなどで送られてきたファイルの内容を確認したいけど、Android端末では対応するアプリがないという場合は、Googleドライブに入れてみましょう。

Googleドライブはさまざまなファイル形式に対応しているので、アプリケーションがなくてもプレビュー表示が可能です。

画面例は、AdobeのIllustratorのファイルをプレビューしたところです。

Googleドライブに保存したIllustratorのファイルをプレビュー

4.資料はスキャナー機能を使ってGoogleドライブに保存しよう

書類や気になる新聞記事などをスマホのカメラで撮影してPDFなどに変換してくれるアプリが人気ですが、Googleドライブなら撮影から変換、保存までを一気に済ませることができるので便利です。

カメラでの撮影と違って、傾きを修正したり複数ページを1つのPDFファイルに保存することができます。

Googleドライブを起動して+をタップします。
「新規」メニューの「スキャン」をタップして、目的の書類などを撮影します。

撮影したら画面右上のトリミングアイコン(トリミングアイコン)をタップします。

スキャナーの起動と撮影。取り直したい場合は、再スキャンアイコンをタップ

色や向きを変えるには

スキャン機能では、自動的にカラーや向きが設定されますが、これは別途指定することができます。

画面右上のをタップすると、カラーの指定メニューが表示されます。
また、その他アイコンをタップすると、回転や用紙サイズ、画質などの指定を行えます。

ここでは色味のないスケジュール帳を使ったのでモノクロが選択され、さらに横向きに表示されているので、モノクロをカラーに、向きを回転させて縦位置に設定を変更しました。

色や向きを変える


トリミングの画面が表示されるので、切り取りたい範囲を指定して、をタップします。

斜めに傾いていた紙面が補正されたのを確認したらするとGoogleドライブに保存されます。

複数ページを1つのファイルに保存したい場合は、Googleドライブへの保存の前に+をタップすると次の撮影を行えます。

画面上:トリミングと傾き補正 画面下:PDFに変換されて保存される

GoogleドライブとGoogleフォトの連携

Googleフォトの写真は、Googleドライブでも見ることができます。

Googleドライブの設定画面にある「Googleフォト」の「自動追加」をタップしてオンにします。
これでGoogleドライブに「Googleフォト」フォルダーが表示され、写真を見ることができます。

Googleフォトは表示されるだけなので、Googleドライブの容量には加算されません。
ただし、GoogleドライブからGoogleフォトの写真を削除すると、Googleフォトからも削除されるので注意しましょう。

逆も同様で、Googleフォトから写真を削除すると、Googleドライブの「Googleフォト」フォルダーからも写真は削除されます。

GoogleドライブとGoogleフォトの連携

Googleドライブは、ファイルの保存以外にも便利な機能がいくつもあります。
他のGoogle標準アプリも使いこなして、スマホライフを充実させましょう!

※この記事は、AQUOS R SH-03Jで2017年11月時点のGoogleドライブアプリで検証しました。

このページの先頭へ