新しいスマホに機種変更する前に

これまで使っていたAndroidスマホ(以下、元のスマホ)から新しいAndroidスマホ(以下、新しいスマホ)に乗り換える場合、事前にやっておきたいこと、知っておきたいことなどを紹介します。

なお、ここでは、乗り換え前の事例には2016年6月発売のドコモ AQUOS ZETA SH-04H(Android 6.0)を、乗り換え後の事例には2020年1月発売のドコモ AQUOS zero2 SH-01M(Android 10)と2019年11月発売のドコモ AQUOS sense3 SH-02M(Android 9 Pie)を使用します。
適宜、お使いのスマホに読み替えてください。

機種変更前にこれだけはやっておこう

通信事業者の変更に関係なく、機種変更前に必ずやっておくべきことがあります。

  • ① おサイフケータイやポイントサービスのアプリの引き継ぎを行う
  • ② スマホ内のデータのバックアップを行う

おサイフケータイやポイントサービスのアプリを使っている場合、サービスによってはあらかじめ機種変更前に引き継ぎの手続きを行う必要があります。

引き継ぎの手続きをしないと、残金や残っているポイントを利用できなくなるので注意しましょう。

あらかじめ、ご自身が利用しているサービスの公式サイトなどでも確認しておきましょう。

おサイフケータイのおもな手続きの方法は、コラムを参照してください。

また、元のスマホの契約を解除すると、インターネットに接続できなくなります。

Wi-Fiなどのインターネット接続のサービスを利用できる場合は問題ありませんが、スマホの通信回線だけを使用している場合は、データの種類によっては移せなくなります。

インターネット接続が通信回線のみの場合は、解約前にデータのバックアップを行っておきましょう。

スマホ内のデータのバックアップ方法は、利用しているサービスやアプリによって異なります。

バックアップの概要は、「最適なデータの引き継ぎ方法を知ろう」を参照してください。

具体的な方法は「スマホのデータをまとめて移そう」で紹介します。

おサイフケータイのデータを移すには

おサイフケータイのデータを移す方法は、サービスによって次の3つの方法があります。

詳細は、各サービスの公式サイトで確認してください。

①の方法は、機種変更前に元のスマホでサービス事業者のサーバーにデータをアップしたり、引き継ぎ番号などを取得しておきます。

新しい端末に機種変更後、データをダウンロードしたり、取得した引き継ぎ番号を入力します。

【サービス例】楽天Edy、モバイルSuica、iD、WAON、nanaco、QUICPay、モバイルPASMOなど

モバイルSuicaの引き継ぎ例(元の端末)
▲ モバイルSuicaの引き継ぎ例(元の端末)

②の方法は、元のスマホからサービスの情報を解除したり解約したりしてから、新しいスマホで再設定します。

【サービス例】ゴールドポイントカード、ローソンモバイルPontaなど

③の方法は、古いスマホでの手続きは不要で、新しいスマホにアプリで再度、設定します。

【サービス例】モバイルスターバックスカードなど

最適なデータの引き継ぎ方法を知ろう

Androidスマホ同士の機種変更の場合、同じOSを採用しているのでデータ移行も簡単に済みそうな感じがしますが、データの種類によっては複数の移行方法を組み合わせないとうまくいかないことがあります。

まずは、Androidスマホで扱うデータの種類と引き継ぎ方法を確認しましょう。

データの種類は、大きく分けて次表の3つに分けられます。

▼ データの種類と引き継ぎ方法
データの種類 引き継ぎ方法
Googleサービスのデータ
(GmailやGoogleカレンダーなど)
Googleアカウントの同期を使う。
(同期とは、複数の端末でデータを同一に保つこと。同じGoogleアカウントを設定することで元のスマホのデータを新しいスマホでも使用できる)
通信事業者提供のサービスのデータ
(連絡先やキャリアメールなど)
通信事業者が提供するバックアップサービスを使う
その他のアプリデータ アプリごとにバックアップするか、専用アプリでバックアップする ※
※ Android6.0以降は、Google Playストアからインストールしたアプリのデータも自動でバックアップが可能になりました(「スマホのデータをまとめて移そう」のコラム参照)。

以降、これら3種類のデータの引き継ぎ方法の概要を紹介します。

❶ Googleサービスのデータ

GmailやGoogleカレンダーなど、Google関連アプリのデータは、同じGoogleアカウントを設定することで簡単に新しいスマホにデータを移すことができます。

このしくみを「同期」といいます。
この機能を利用するには、事前に同期したいサービスを設定しておく必要があります。

具体的な操作方法は、「スマホのデータをまとめて移そう」を参照してください。

❷ 通信事業者が提供するサービスのデータ

通信事業者のサービスは、解約しない限り利用できるので、機種変更時に通信事業者を変更しない場合は、通信事業者が用意しているバックアップサービスを利用するいいでしょう。

これらのバックアップサービスについては、「スマホのデータをまとめて移そう」を参照してください。

❸ その他のアプリデータ

ご自身でGoogle Playストアからインストールしたアプリのデータは、どこに保存する設定にしているかによって操作が異なります。

これらのデータは一番気を使う部分です。誤って削除しないように慎重に操作しましょう。

スマホ本体(内部ストレージ)に保存している場合は、SDカードにバックアップをとったりパソコン経由でコピーしたりすることで、新しいスマホにデータを読み込むことが可能です。

なお、最近のAndroid用アプリは、データの保存先にサーバー(クラウド)を指定できるものが多いので、こうしたものは同じアカウントでログインすることで新しいスマホでデータを利用できるようになります。

事前に、ご使用のアプリのヘルプや公式サイトで確認してください。

なお、Android 6.0以降から、「Googleバックアップ」という機能が追加されており、Google playストアからインストールしたアプリのデータも容量限定ですが、まとめてバックアップできるようになりました。

また、バックアップ専用のアプリを利用することで、標準アプリ以外のアプリデータもまとめてバックアップすることが可能です。

Googleバックアップやバックアップ専用アプリの詳細は、「スマホのデータをまとめて移そう」を参照してください。

スマホ製造メーカーのデータ引き継ぎツールを使う

スマホの製造メーカーによっては、同じメーカーのスマホ同士でデータを移せるツールを用意しているところがあります。

移行できるデータは、メーカーによって異なりますが、おもに電話帳やSMSなどを移すことができます。

新しく機種変更するスマホが同じメーカーの場合は便利です。

詳細は、「スマホのデータをまとめて移そう」で紹介します。

ご注意事項
  • Android端末の動作確認は、機種変更前は2016年6月発売のドコモ AQUOS ZETA SH-04H(Android 6.0)、機種変更後は2020年1月発売のドコモ AQUOS zero2 SH-01M(Android 10)と2019年11月発売のドコモ AQUOS sense3 SH-02M(Android 9 Pie)を利用しております。
  • ネットワーク環境は、LTEおよび3G接続を基本に、状況によりWi-Fi接続を使用しております。
  • 端末及び各種アプリやサービスのバージョンアップにより、操作方法や画面内容が異なる場合がございます。
  • 記載されている内容は2020年5月時点で確認した情報です。
  • Google Playストアに掲載されるアプリケーションの内容等に関しては一切関知せず責任を負いません。
    自らの責任でご利用ください。
  • 何らかのトラブルが発生した場合でも、当社は一切責任を負いません。
  • 掲載しているアプリケーションや各種ツールの使用方法などに関する質問は一切受け付けておりません。ご了承ください。
  • 掲載されている写真・記事・イラストなどの無断転載を禁じます。
  • 掲載した商品・サービスは性能・機能向上や内容拡充のために、仕様およびデザイン等を予告なく変更する場合があります。
  • 掲載した商品写真は、実際の色と異なる場合があります。
  • サイトのご利用にあたっては、サイトポリシー(https://jp.sharp/policy-j.html)をご参照ください。
商標
  • 「AQUOS/アクオス」および「AQUOS」ロゴ、エモパーは、シャープ株式会社の商標または登録商標です。
  • Amazonプライム、Primeフォト、PrimeミュージックはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。
  • iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • アビスリウムは、FLERO Games Co.,Ltd.の商標または登録商標です。
  • ディズニーの名称およびロゴ、ツムツムは、Disney Enterprises, Inc.の商標または登録商標です。
  • Dropboxは、Dropbox Inc.の商標または登録商標です。
  • Facebookの名称およびロゴは、Facebook, Inc.の登録商標です。
  • Google、Android、Chrome、Gmail 、Google カレンダー、Google ドライブ、Google フォト、Google Play ストア、YouTube、YouTube Musicは、Google LLCの商標または登録商標です。
  • キャンディークラッシュソーダの名称およびロゴはKing.com Ltdおよび関係企業の商標です。
  • Microsoft、OneDrive、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • Mozilla、Firefoxの名称およびロゴは、Mozilla Foundationの商標または登録商標です。
  • SDカードはSDアソシエーションの登録商標です。
  • microSDは、SD-3C LLCの商標です。
  • Spotifyの名称およびロゴは、Spotify ABの登録商標です。
  • Twitterの名称およびロゴは、Twitter, Inc.の商標または登録商標です。
  • Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標です。
  • Yahoo!およびYahoo!、Y!のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の商標または登録商標です。
  • AWAは、AWA株式会社の登録商標です。
  • グランブルーファンタジーの名称およびロゴは、株式会社Cygamesの登録商標です。
  • TimeTreeの名称およびロゴは、株式会社TimeTreeの商標または登録商標です。
  • au、EZweb、データお預かりは、KDDI株式会社の商標または登録商標です。
  • LINEの名称およびロゴ、LINE GAME、LINE MUSIC、LINE PLAY、LINEバブル、LINEポイント、LINE POPショコラは、LINE株式会社の商標または登録商標です。
  • spモードメール、おサイフケータイは、株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • パズル&ドラゴンズは、ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の登録商標です。
  • ポケモンGO!は株式会社ゲームフリークまたはその関連会社の商標または登録商標で
  • す。
  • JSバックアップは、株式会社情報スペースの商標または登録商標です。
  • ジョルテの名称およびロゴは、株式会社ジョルテの商標または登録商標です。
  • 星のドラゴンクエストは、株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスの登録商標です。
  • セガの名称およびロゴ、ぷよぷよは、株式会社セガゲームスの商標または登録商標です。
  • SoftBankおよびソフトバンクの名称は日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の商標または登録商標です。
  • +メッセージ、S!メールはソフトバンク株式会社の登録商標です。
  • モバゲーの名称およびロゴは、株式会社ディー・エヌ・エーの登録商標です。
  • NTTドコモ、docomo、ドコモは、日本電信電話株式会社の登録商標です。
  • アイドルマスターの名称およびロゴは、株式会社バンダイナムコエンターテインメントの商標または登録商標です。
  • ふにゃゲー、ふにゃもらけの名称およびロゴは、株式会社ピースの商標または登録商標です。
  • ねこあつめの名称およびロゴは、株式会社ヒットポイントの登録商標です。
  • モンスターストライクは、株式会社ミクシィの登録商標です。
  • 駅メモ!の名称およびロゴは株式会社モバイルファクトリーの商標または登録商標です。
  • 妖怪ウォッチの名称およびロゴは株式会社レベルファイブの登録商標です。
  • その他、このガイドに記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
このページの先頭へ