スマホ・ケータイの機種変更まるわかりガイド
スマホ・ケータイの機種変更まるわかりガイド

データ移行ガイド from Android

連絡先を移そう

移行元端末から新しい端末に連絡先データを移行します。

連絡先データの移行にはさまざまな方法がありますが、ここでは通信事業者や端末の種類に依存しない、Androidの機能を使った一般的な方法を紹介します。

通信事業者のバックアップサービスやバックアップ専用アプリについては、「新しいAndroid端末に機種変更する前に」を参照してください。

Android端末の「連絡先データ」は2種類ある

Android端末では、「Google連絡先」と「本体」連絡先の2種類の連絡先データを利用できます。

連絡先データの保存先や移行方法は表のようになります。

▼ 連絡先データの保存先と移行方法
連絡先データの種類 保存先 移行方法
Google連絡先 Googleのサーバーに保存 同じGoogleアカウントで同期
本体 ※ Android端末本体に保存 別途、バックアップ
※ドコモの場合、本体に保存される連絡先データには「本体」ではなく「docomo」と表示されますが、端末内に保存されています。

Android端末で直接、連絡先を登録すると、通常は「本体」として端末内に保存されます(登録時に「本体」と「Google連絡先」を選択できる場合もあります)。

「Google連絡先」は、Googleアカウントに紐付けされた連絡先データです。

この2種類の連絡先データは別々に移行します。
あらかじめ、ご自身が登録している連絡先データの種類を確認しておきましょう。

「Google連絡先」と「本体」連絡先の両方を利用している場合は、移し忘れのないように注意してください。

「連絡先データ」の種類を確認する

連絡先データの種類は、目的の連絡先データの編集画面を開くと確認できます。

画面例上は、「Google連絡先」のデータです。
Googleのアイコンと、紐付けされたGoogleアカウントが表示されています。

画面例下は「docomo」と表示されていますが、これは端末本体に保存された「本体」連絡先になります。
ソフトバンクやauの場合は「本体」と表示されます。

 「連絡先データ」の種類を確認する

連絡先データの種類が確認できたので、新しい端末にデータを移します。

「連絡先」データを移行する

まず最初に、「Google連絡先」の移行方法を説明します。

「本体」連絡先については「❷「本体」連絡先の移行」を参照してください。

❶「Google連絡先」の移行

「Google連絡先」のデータを新しい端末に移します。

「Google連絡先」は、Android端末に登録しているGoogleアカウントに紐付けされているので、新しい端末に同じGoogleアカウントを登録するだけで連絡先データを移行することができます。

① 同期の設定画面を開く

移行元端末のアプリの一覧画面から「設定」をタップして開き、設定画面の「アカウント」欄のGoogleアカウントをタップします(画面左)。

Googleアカウントの一覧が表示されるので、目的のアカウントをタップします(画面右)。

同期の設定画面を開く
▲ 移行元Android端末

② 同期の設定を確認する

選択したGoogleアカウントの同期の設定画面が表示されます。

ここで「連絡先を同期」にチェックが入っていることを確認します。

同期の設定を確認する
▲ 移行元Android端末

③ 新しい端末にGoogle連絡先を読み込む

移行元端末で同期の設定が確認できたので、あとは新しい端末で同じGoogleアカウントを登録するだけです。

Androidの初期設定では、Googleアカウントを設定すると自動的に「Google連絡先」が同期する設定になっています。

電話帳アプリを開くと、画面のように「Google連絡先」が表示されます。

新しい端末にGoogle連絡先を読み込む
▲ 新しいAndroid端末

これで「Google連絡先」データが移行できました。

同期した連絡先データは端末内にも保存されているので、オフラインでも利用できます。

次に、「本体」連絡先の移行方法を説明します。

❷「本体」連絡先の移行

移行元端末内に保存された「本体」連絡先データを、新しい端末に移します。

ここでは、microSDカードに連絡先データを保存し、そのmicroSDカードから新しい端末に移す方法を紹介します。

なお、機種変更で通信事業者を変えない場合は、通信事業者が提供するバックアップサービスを利用する方法もあります。

詳細は、「新しいAndroid端末に機種変更する前に」を参照してください。

① 移行元端末の連絡先をmicroSDカードに保存する

移行元端末に保存されている連絡先データをmicroSDカードに保存します。

移したい電話帳を表示してメニューを開き、「インポート/エクスポート」をタップします。

インポートとはアプリにデータを読み込むこと、エクスポートとはアプリからデータを取り出して保存することです。

移行元端末の連絡先をmicroSDカードに保存する
▲ 移行元Android端末

② 保存先を指定する

連絡先データの保存先を指定します。
ここでは「SDカードにエクスポート」をタップします。

保存先を指定する
▲ 移行元Android端末

③ 保存する連絡先を指定する

画面のようなメニューが表示されるので、保存する連絡先を指定します。

特定の連絡先だけ保存したい場合は、「1つの連絡先をエクスポート」または「複数の連絡先をエクスポート」を選択して、保存したい連絡先データを指定します。

ここでは、「すべての連絡先をエクスポート」を選択して「OK」をタップします。

確認メッセージなどが表示されますので、画面の指示に従って操作します。

これで連絡先データがmicroSDカードに保存されます。

保存する連絡先を指定する
▲ 移行元Android端末
ワンポイント

「Google連絡先」も同時に利用している場合

「本体」連絡先以外に「Google連絡先」も同時に使用している場合、「すべての連絡先をエクスポート」を選択すると、「Google連絡先」も一緒に保存されます。

これを新しい端末に移すと「本体」連絡先として保存されるので、「Google連絡先」とだぶって保存されてしまいます。

こうした場合は、「複数の連絡先をエクスポート」を選択して「本体」連絡先だけを保存する、または移し終えたあとに整理するといった方法をとればいいでしょう。

④ パソコン経由で連絡先データをコピーする

パソコン経由で連絡先データを新しい端末にコピーします。

移行元端末と新しい端末の2台をUSBケーブルでパソコンに接続し、先ほど移行元端末のmicroSDカードに保存した連絡先データを、新しい端末のmicroSDカードにコピーします。

コピーが完了したら、2台の端末をパソコンから外しておきます。

パソコン経由で連絡先データをコピーする
ワンポイント

パソコンがない場合はmicroSDカードを入れ替える

パソコンが使用できない場合は、移行元端末からmicroSDカードを抜いて、新しい端末に挿入します。

microSDカードの場所は端末によって異なるので、取り扱い説明書などで確認してください。

なお、microSDカードの挿入は、必ず端末の電源を切ってから行ってください。

⑤ 新しい端末で電話帳アプリを開く

準備ができたら、新しい端末に連絡先データを読み込みます。

電話帳アプリを起動してメニューを表示し、「SDカード/SIMカード/共有」(または「インポート/エクスポート」)をタップします。

さらにメニューが表示されたら「SDカードへバックアップ/復元」をタップします。

新しい端末で電話帳アプリを開く
▲ 新しいAndroid端末

⑥ 「バックアップ・復元」での操作

ドコモのプライバシーポリシーの画面が表示されたら、画面の指示にしたがって同意して操作を続けます。

「バックアップ・復元」画面が表示されるので、ここでは「復元」をタップします

※端末によっては、バックアップした連絡先データの保存先を指定する画面が表示されるので、画面の指示に従って操作してください。

 「バックアップ・復元」での操作
▲ 新しいAndroid端末

⑦ 復元データを選択する

復元設定画面が表示されるので、「電話帳」の「復元開始」をタップします。

復元データの選択画面で目的のデータをタップして選択し、「選択」をタップします。

復元データを選択する
▲ 新しいAndroid端末

⑧ 復元方法を選択する

データの復元方法で「追加」か「上書き」のどちらかを選択します。
ここでは「上書き」を選択し、「復元開始」をタップします。

確認画面やアプリパスワードなどの入力画面が表示されたら、画面の指示に従って操作してください。
データの復元が開始されます。

※NTTドコモの場合、アプリパスワードの初期値は「0000」です。

復元方法を選択する
▲ 新しいAndroid端末

これで、新しい端末に「本体」連絡先データが移行できました。

microSDカードを入れ替えて連絡先を移行した場合は、新しい端末に挿入したmicroSDカードを抜き、元のmicroSDカードを戻しておきましょう。

復元データを選択する
▲ 新しいAndroid端末
このページの先頭へ