AQUOS > サポート > 機種変更まるわかりガイド > Androidスマホからのデータ移行 > 電話帳(アドレス帳)の連絡先を移そう

電話帳(アドレス帳)の連絡先を移そう

元のAndroidスマホ(以下、元のスマホ)から新しいAndroidスマホ(以下、新しいスマホ)に電話帳(アドレス帳)の連絡先データを移行します。

連絡先データの移行にはさまざまな方法がありますが、ここでは通信事業者やスマホの種類に依存しない、Androidの機能を使った一般的な方法を紹介します。

通信事業者のバックアップサービスやバックアップ専用アプリについては、「新しいスマホに機種変更する前に」を参照してください。

2種類の連絡先データを確認しよう

スマホでは、「Google連絡先」と「本体連絡先」の2種類の連絡先データを利用できます。

連絡先データの保存先や移行方法は表のようになります。

▼ 連絡先データの保存先と移行方法
連絡先データの種類 保存先 移行方法
Google連絡先 Googleのサーバーに保存 同じGoogleアカウントで同期
本体連絡先 ※ スマホ本体に保存 別途、バックアップ
※ドコモの場合、本体に保存される連絡先データには「本体」ではなく「docomo」と表示されますが、スマホ内に保存されています。

スマホで直接、連絡先を登録すると、通常は「本体連絡先」としてスマホ内に保存されます(登録時に「本体」と「Google連絡先」を選択できる場合もあります)。

「Google連絡先」は、Googleアカウントに紐付けされた連絡先データです。

この2種類の連絡先データは別々に移行します。
あらかじめ、ご自身が登録している連絡先データの種類を確認しておきましょう。

「Google連絡先」と「本体連絡先」の両方を利用している場合は、移し忘れのないように注意してください。

「連絡先データ」の種類を確認する

連絡先データの種類は、目的の連絡先データの編集画面を開くと確認できます(機種によって異なります)。

画面例上は、「Google連絡先」のデータです。
Googleのアイコンと、紐付けされたGoogleアカウントが表示されています。

画面例下は人物とスマホのアイコンが表示されていますが、これはスマホ本体に保存された「本体連絡先」になります。
ソフトバンクやauのスマホの場合は、「本体」と表示されるものもあります。

 「連絡先データ」の種類を確認する
▲ 元のスマホ

連絡先データの種類が確認できたので、新しいスマホにデータを移しましょう。

まず最初に、「Google連絡先」の移行方法を説明します。

「本体連絡先」については「「本体連絡先」を新しいスマホに移そう」を参照してください。

「Google連絡先」を新しいスマホに移そう

「Google連絡先」のデータを新しいスマホに移します。

「Google連絡先」は、スマホに登録しているGoogleアカウントに紐付けされているので、新しいスマホに同じGoogleアカウントを登録するだけで連絡先データを移行することができます。

① 同期の設定画面を開く

元のスマホのアプリの一覧画面から「設定」→「アカウント」をタップして「Google」をタップします(画面左)。

Googleアカウントの一覧が表示されるので、目的のアカウントをタップします(画面右)。

同期の設定画面を開く
▲ 元のスマホ

② 同期の設定を確認する

選択したGoogleアカウントの同期の設定画面が表示されます。

ここで「連絡先」がオンまたはチェックが入っていることを確認します。

同期の設定を確認する
▲ 元のスマホ

③ 新しいスマホにGoogle連絡先を読み込む

元のスマホで同期の設定が確認できたので、あとは新しいスマホで同じGoogleアカウントを登録するだけです。

Androidの初期設定では、Googleアカウントを設定すると自動的に「Google連絡先」が同期する設定になっています。

電話帳アプリを開くと、画面のように「Google連絡先」が表示されます。

新しいスマホにGoogle連絡先を読み込む
▲ 新しいスマホ

ここれで「Google連絡先」データが移行できました。

同期した連絡先データはスマホ内にも保存されているので、オフラインでも利用できます。

次に、「本体連絡先」の移行方法を説明します。

「本体連絡先」を新しいスマホに移行そう

「本体連絡先」データを新しいスマホに移すには、次の3つの方法があります。

  • ① 電話帳アプリのエクスポート、インポート機能を利用する
  • ② バックアップ専用アプリを利用する
  • ③ 通信事業者のバックアップサービスを使う

機種変更で通信事業者を変えない場合は、通信事業者が提供するバックアップサービスが便利です。

また、バックアップ専用アプリを利用する方法もあります。
詳細は、「新しいスマホに機種変更する前に」を参照してください。

ここでは、もっともスタンダードな①の電話帳アプリの機能を使って連絡先データを移す方法を紹介します。

なお、連絡先データの保存先は、microSDカードがあるスマホの場合はmicroSDカード、AQUOS zeroなどmicroSDカードがないスマホは本体メモリーになります。

① 元のスマホ内の連絡先データのバックアップをとる

元のスマホに保存されている連絡先データのバックアップをとります。

移したい電話帳を表示してメニューを開き、「エクスポート」を選びます。
画面例では、メニューから「設定・管理」→「ストレージへエクスポート」を選択しています。

なお、インポートとはアプリにデータを読み込むこと、エクスポートとはアプリからデータを取り出して保存することです。

「ストレージ」はここではmicroSDカードをさします。
microSDカードが未挿入の場合は保存できないので、注意しましょう。

元のスマホ内の連絡先データのバックアップをとる
▲ 元のスマホ

② 保存する連絡先を指定する

確認画面が表示されたら「保存する」をタップし、次の画面で保存する連絡先を指定します。

ここでは、「本体」を選択します。
「すべてのアカウント」すると、Googleアカウントもいっしょに保存されるので注意が必要です(ワンポイント参照)。

これで連絡先データがmicroSDカードに保存されます。

保存する連絡先を指定する
▲ 元のスマホ
ワンポイント

「Google連絡先」も同時に利用している場合

「本体連絡先」以外に「Google連絡先」も同時に使用している場合、「すべての連絡先をエクスポート」を選択すると、「Google連絡先」も一緒に保存されます。

これを新しいスマホに移すと「本体連絡先」として保存されるので、「Google連絡先」とだぶって保存されてしまいます。

こうした場合は、移し終えたあとに整理する必要があります。

③ パソコン経由で連絡先データをコピーする

パソコン経由で連絡先データを新しいスマホにコピーします。

元のスマホと新しいスマホの2台をUSBケーブルでパソコンに接続します。

なお、ここでの元のスマホAQUOS Xx2 502SHの場合、連絡先データはSDカード内の以下に保存されています。
¥502SH¥microSD¥PRIVATE¥SHARP¥BACKUP¥PHONEBOOK

連絡先データが確認できたら、新しいスマホのmicroSDカードまたは本体メモリーにコピーしましょう。
ここではAQUOS zeroの本体メモリーにコピーしました。

コピーが完了したら、2台のスマホをパソコンから外しておきます。

※スマホからスマホへは直接コピーできないので、一度パソコンにコピーしてから操作してください。

パソコン経由で連絡先データをコピーする
ワンポイント

パソコンがない場合はmicroSDカードを入れ替える

パソコンが使用できない場合は、元のスマホからmicroSDカードを抜いて、新しいスマホに挿入します。

microSDカードの場所はスマホによって異なるので、取り扱い説明書などで確認してください。

なお、microSDカードの挿入は、必ずスマホの電源を切ってから行ってください。

④ 新しいスマホで連絡先データを開く

準備ができたら、新しいスマホに連絡先データを読み込みます。

電話帳アプリを起動してメニューを表示し、「設定」→「インポート」をタップします。

「連絡先のインポート元」が表示されたら「.vcfファイル」をタップします。

アクセス確認のメッセージが表示されたら「許可」をタップしてください。

連絡先データの保存先を指定します。
今回は本体メモリーのルートに直接保存したので、「801SH」をタップすると連絡先データが確認できるのでタップして選択します。

設定メニューから「インポート」をタップ、次に表示される「連絡先のインポート元」画面で「.vcfファイル」をタップします。

「次から開く」画面でデータが保存されているスマホ「801SH」をタップします。

スマホの本体メモリー内容が表示されるので、連絡先データをタップします。これで連絡先が読み込まれます。

新しいスマホで連絡先データを開く
▲ 新しいスマホ
ワンポイント

連絡先が文字化けしたときには

スマホに読み込んだ連絡先が文字化けで読めないことがあります。

これは文字コードの種類を変更することで解決できます。

SHIFT-JISで文字化けする場合には、UTF-8に、UTF-8で文字化けする場合はSHIFT-JISに変更して取り込みなおしてみましょう。

画面例は、Windows10のメモ帳です。
メモ帳で連絡先データを開き、「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択します。

表示された画面の「文字コード」の右側をクリックすると、文字コード一覧が表示されます。

「ANSI」はWindowsではSHIFT-JISを指すので、ここでは「UTF-8」を選択しています。

Windows10のメモ帳で連絡先データを開き、「ファイル」→「名前を付けて保存」を選択
このページの先頭へ