iPhoneのデータをまとめて移そう

Androidスマホに機種変更する前に」でも説明しましたが、iPhoneとAndroidスマホはそもそもOSが異なるので、Android同士ほど簡単にデータを移すことはできません。

それでも、移せるデータはできるだけまとめて引き継ぎたいですね。

ここでは、写真や連絡先、カレンダーなど過去分も含めて移したいものをまとめて引き継ぐ方法を紹介します。

iPhoneからまとめてAndroidスマホにデータを移す方法

iPhone内のデータをまとめてAndroidに移すには、次の2つの方法があります。

この2つの方法の一番の違いは、復元されたデータの保存場所です。

Googleドライブ経由で移した場合は、GoogleフォトなどのGoogleサービスに保存されます。

バックアップツールで移す場合は、Androidスマホ内に保存されます。

それぞれ説明しましょう。

Googleドライブでバックアップしてデータを引き継ぐ

iPhone内のデータをGoogleドライブ経由でバックアップして、Androidスマホに移す方法です。

この方法で移せるデータと移行先は以下になります。

バックアップされるデータ 移行先
連絡先 Googleコンタクト
写真・動画 ※ Googleフォト
カレンダーの予定 Googleカレンダー
※ アルバムはバックアップできません。

これら以外のデータは別途、個別に移す必要があります。

また、バックアップにはiPhoneがWi-Fiなどインターネットに接続できる必要があります。

① iPhoneにGoogleドライブをインストールしてログインする

App Storeを起動してGoogleドライブのアプリをインストールします。

インストールができたら起動して、Androidスマホで使うGoogleアカウントでログインしてください。

まだGoogleアカウントをもっていない場合は、コラムを参照して取得しておきましょう。

iPhoneにGoogleドライブをインストールしてログインする

iPhoneでGoogleアカウントを取得する

Googleアカウントをまだもっていないときは、iPhoneから取得できます。

iPhoneの「設定」→「パスワードとアカウント」→「アカウントを追加」をタップし、表示される画面で「Google」をタップします。

確認画面が表示されたら「続ける」をタップし、Googleログイン画面で「アカウントを作成」をタップしてください。

あとは画面の指示にしたがって、アカウントを作成します。

iPhoneでGoogleアカウントを取得する

② Googleドライブにバックアップする

Googleドライブにログインしたら、画面左上のメニューキーをから「設定」→「バックアップ」とタップしてバックアップ画面を表示します。

バックアップ先のGoogleアカウントを確認して、「バックアップを開始」をタップします。これでバックアップが開始されます。

Googleドライブにバックアップする

③ AndroidスマホでGoogleアカウントにログインする

バックアップが完了したら、移行先のAndroidスマホを起動し、バックアップで使用したGoogleアカウントでログインします。

セットアップ画面
▲ セットアップ画面

すでにAndroidのセットアップが済んでいる場合は、「設定」→「アカウント」からGoogleアカウントを設定できます。

設定画面
▲ 設定画面

④ 引き継いだデータを確認する

Googleアカウントでログインすると、バックアップされたデータが同期され、Androidスマホで確認できます。

「電話」アプリの連絡先
▲ 「電話」アプリの連絡先

「電話帳」や「フォト」アプリを起動してみましょう。

iPhoneで使用していたデータが表示されます。

「フォト」アプリ
▲ 「フォト」アプリ

バックアップツールを利用してデータを引き継ぐ

今回使用するAQUOS zero2の場合、シャープのバックアップツールを利用できます。

iPhoneにも同様の「シャープデータバックアップ」をインストールし、2台をWi-Fiダイレクトで接続してデータを移します。

また、通信事業者やスマホのメーカーにかかわらず利用できる、バックアップツールもあります(コラム参照)。

① iPhoneに「シャープデータバックアップ」をインストールして起動する

App Storeを起動して「シャープデータバックアップツール」を検索・インストールします。

インストールができたら起動し、利用規約画面が表示されたらチェックを入れて「同意する」をタップしてください。

スマホの選択画面が表示されるので、「このスマホは古いスマホです」をタップします。

接続の説明画面が表示されるので「次へ」をタップします。

iPhoneに「シャープデータバックアップ」をインストールして起動する

② Androidスマホでツールを起動する

Androidスマホの「設定」→「システム」→「詳細設定」→「データ引継」をタップし、引き継ぎツールを起動します。

iPhoneと同様、利用規約画面が表示されたら同意して先に進みます。

スマホの選択画面が表示されるので、「このスマホは新しいスマホ(移行先)です」をタップします。

移行元のスマホのOS選択画面が表示されるので「iOS端末」をタップします。

アプリのダウンロード用QRコードが表示されますが、すでにインストールは済んでいるので「次へ」をタップします。

Androidスマホでツールを起動する

③ Wi-Fiダイレクトで2台を接続する

Androidスマホの画面には、Wi-FiダイレクトのSSIDとパスワードが表示されます。

Androidスマホ
▲ Androidスマホ

iPhoneでは「移行データの送信」画面が表示されるので、ホーム画面に戻って「設定」→「Wi-Fi」でAndroidスマホに表示されているSSIDを選択、パスワードを入力します。

ここでダイレクトにSSIDとパスワードを入力してもかまいません。

iPhone
▲ iPhone

④ データ引き継ぎを開始する

2台が接続されると、Androidスマホに準備完了の画面が表示されます。

移行データの選択ではすべてが選択された状態なので、もし写真や動画の量が多くあとから個別に移したいときは、「画像」や「動画」をタップしてグレーアウトします。

「移行スタート」をタップすると、iPhoneからデータが移行していきます。

Androidスマホで「移行スタート」をタップするとデータの引き継ぎが始まる
▲ Androidスマホで「移行スタート」をタップするとデータの引き継ぎが始まる

「JSバックアップ」アプリでデータを移す

「JSバックアップ」は、通信事業者やスマホのメーカーにかかわらず利用できる、無料の定番バックアップアプリです。

連絡先とカレンダー、写真、動画のバックアップと復元が可能です。

すでに移行が済んでいるデータがある場合は、設定画面で外すこともできます。

なお、JSバックアップの詳細は、「電話帳(アドレス帳)の連絡先を移そう」を参照してください。

このページの先頭へ