電話帳(アドレス帳)の連絡先を移そう

ここでは、iPhoneに登録している電話帳(アドレス帳)を新しいAndroidスマホに移す方法を説明します。

電話帳を移行方法する3つの方法

iPhone内に保存された連絡先データを移行するには、おもに次の3つの方法があります。

▼ 連絡先データの移行方法
移行方法 内容
❶ 通信事業者の独自サービスを使う 機種変更で通信事業者などを変えないのであれば、バックアップも兼ねることができるので便利(「Androidスマホに機種変更する前に」のコラム参照
❷ iCloudからダウンロードして移す iCloudに保存された連絡先データをダウンロードして新しいAndroidスマホに読み込む。
パソコンが必要
❸ バックアップアプリを使う バックアップアプリを使った方法。
パソコンがなくても、通信事業者や端末メーカーに関係なく使える

ここでは、3番めの最も汎用的で簡単なバックアップアプリを使った方法を紹介します。

パソコンがなくても、通信事業者や端末メーカーに関係なく使えるので、知っておくと便利です。

通信事業者のサービスについては、「Androidスマホに機種変更する前に」を、iCloudからダウンロードするにはコラムを参照してください。

ここで使用するのは、株式会社情報スペースが提供する無料のバックアップアプリ「JSバックアップ」です。

パソコンやスマホなどのデータをバックアップしたり、別の機器に移したりできる定番アプリです。

JSバックアップ

http://jsbackup.net/

また、バックアップ先は、iPhoneの場合、GoogleドライブとDropboxが利用できますが、ここではGoogleドライブを例に説明します。

移行手順は、次の図のようになります。

「JSバックアップ」を使用した移行手順

iPhoneの連絡先を「JSバックアップ」でバックアップ

最初に、iPhoneに「JSバックアップ」をインストールします。
インストールが済んだら連絡先データをバックアップします。

①「App Store」から「JSバックアップ」をインストールする

ホーム画面から「App Store」をタップして起動し、「JSバックアップ」を検索します。
「入手」をタップしてインストールします。

「App Store」から「JSバックアップ」をインストールする

②「JSバックアップ」で連絡先のバックアップを作成する

インストールが済んだら「開く」をタップするか、ホーム画面の「JS Backup」をタップして起動します。

利用規約の画面が表示されたらチェックを入れて「同意する」をタップしてください。
アクセス許可を求める画面には「OK」をタップします。

起動したら「バックアップ&復元」をタップします。
「バックアップ&復元」画面が表示されるので、「バックアップする」をタップします。

「JSバックアップ」で連絡先のバックアップを作成する

「かんたんデータ移行」を利用するには

JS バックアップの「かんたんデータ移行」機能は、移行元のデータをJS バックアップのサーバーに一時保管して新しいAndroidスマホにデータを移せるサービスです。

有効期限は1週間なので、すでに機種変更を済ませており、手元に移行元のiPhoneとAndroidスマホがある場合には便利でしょう。

ただし、無料でバックアップが保存できるのは連絡先とカレンダー、HDサイズの写真のみです。それ以外は有料になります。

③ バックアップ先とバックアップファイルを確認する

「バックアップ」画面が表示されるので、ここでバックアップ先とバックアップするデータを指定します。

Googleアカウントとパスワードの入力が求められたら、それぞれ入力してログインしてください。

画面例では、バックアップ先に「Googleドライブ」が、バックアップするデータに「標準」「画像」「動画」が設定されています。
「標準」は、連絡先とカレンダーのデータです。
これらの設定を変更したい場合は、画面右上の歯車アイコンをタップします。

設定画面が表示されるので、「バックアップ先」をタップすると、別のバックアップ先が選択できます。

「バックアップデータ」の「画像」や「動画」をタップすると、それぞれをバックアップの対象から外せます。

ここでは、連絡先の移行なので「画像データ」と「動画データ」は外しました。

バックアップ先とバックアップファイルを確認する
ワンポイント

「カレンダー」をGoogleカレンダーに同期している場合

JSバックアップの標準データは、「連絡先」と「カレンダー」です。

カレンダーをGoogleカレンダーと同期している場合は、このままバックアップして復元するとデータが二重に登録されてしまいます。

カレンダーをバックアップから外すには、右上の画面で「標準データ」をタップして、「カレンダー」のチェックを外してください。

バックアップ項目

④ バックアップを開始する

設定が完了したら、画面左上の「戻る」をタップして「バックアップ」画面に戻ります。
「バックアップスタート」をタップすると、バックアップが開始されます。

⑤ 「JSバックアップ」を終了する

バックアップが完了した旨、メッセージが表示されたら、ホームボタンを押して「JSバックアップ」を終了します。
しばらくすると、バックアップ完了の画面が表示されます。

「バックアップしたデータの詳細」をタップすると、ファイル名やファイルサイズなどが確認できます。
また、「アカウントをEメールで送る」をタップすると、クラウド名とアカウントをメールで送信できます。

確認が済んだら、ホームボタンを押してバックアップを完了します。

「JSバックアップ」を終了する

Androidスマホにバックアップを復元する

iPhone側のバックアップが完了したので、次はAndroidスマホにバックアップファイルを復元して連絡先を移します。

バックアップ時と同様、Androidスマホに「JSバックアップ」をインストールします。

⑥ 「Google Playストア」から「JSバックアップ」をインストールする

Androidスマホのホーム画面で「Playストア」をタップして起動し、「JSバックアップ」を検索、「インストール」をタップしてインストールします。

 「Google Playストア」から「JSバックアップ」をインストールする

⑦「JSバックアップ」を起動する

インストールが完了したら、「開く」をタップするか、ホーム画面から「JSバックアップ」をタップして起動します。

トップ画面で「バックアップ&復元」をタップし、次の画面で「復元する」をタップします。

途中、使用許諾の確認画面やアクセス権の確認画面が表示されたらそれぞれ「同意する」や「OK」をタップしてください。

「JSバックアップ」を起動する

⑧バックアップデータの保存先を指定する

バックアップデータの保存先を選択します。
ここでは「Google」が選択されていることを確認して「OK」をタップします。
次に、アカウントの選択画面が表示されるので、データのバックアップに使用したアカウントをタップします。

アカウントを変更したい場合は「別のアカウントを使用」をタップし、画面の指定に従って操作してください。

以降、アクセス許可などが表示された場合は、「許可」などをタップして操作を進めてください。

バックアップデータの保存先を指定する

⑨クラウドと復元ファイルを選択する

「復元」画面が表示されたら、保存先のクラウドと復元するファイル、復元するデータの情報が表示されるので確認します。
「復元するファイル」には一番新しいファイルが表示されます。

複数のバックアックから選択したい場合は画面右上の歯車アイコンをタップします。
設定画面が表示されるので、ファイル名の部分をタップすると一覧が表示されます。
選択が完了したら「OK」をタップして「復元」画面に戻ります。

クラウドと復元ファイルを選択する

⑩復元を開始する

「復元」画面で「復元スタート」をタップすると、復元が開始されます。
完了すると確認画面が表示されるので、「復元したデータの詳細」をタップして内容を確認しましょう。

「次へ」をタップすると自動バックアップの案内ページが表示されるので、ホームボタンをタップして終了します。

復元を開始する

⑪復元した連絡先を確認する

連絡先がきちんと復元されているか、「連絡先」を起動しみましょう。

連絡先が復元されているのが確認できます。

復元した連絡先を確認する

iCloudから連絡先をダウンロードして移すには

iPhoneの連絡先は、iCloudと同期したあと、パソコンのブラウザーからiCloudにアクセスしてダウンロードします。

連絡先を表示し、左下の設定アイコンをクリック、表示されるメニューでまず「すべて選択」をクリックします。
次に「vCardを書き出す」をクリックすればダウンロードできます。

ダウンロードした連絡先データをAndroidスマホにコピーし、電話帳アプリの設定から「インポート」などを選択すれば読み込まれます。

なお、読み込んだ連絡先が文字化けした場合は、文字コードをShift-JISまたはUTF-8に変更してから読み直してください。

iCloudから連絡先をダウンロードして移すには
このページの先頭へ