スマホ・ケータイの機種変更まるわかりガイド
スマホ・ケータイの機種変更まるわかりガイド

データ移行ガイド from iPhone

LINEのデータを移そう

iPhoneで使っていたLINEのアカウントは、Android端末でも引き続き利用できます。

ただし、Android端末に移行できるデータとできないデータがあるなど、いくつか注意が必要です。

また、iPhone側の移行の準備は、必ず機種変更前に行っておきましょう。
移行準備ができていない状態で機種変更すると、LINEのデータが移行できません。

なお、LINEデータの移行は、2016年2月より新たに「2段階認証」が導入されました。

LINEは、2017年9月中旬の最新バージョン、iPhone(移行元)は7.11.0、Android端末(移行先)は7.11.2を使って説明します。
バージョンによって操作方法が異なることがあるので、公式ページでの確認もあわせて行ってください。

LINEの移行できるデータ、できないデータ

iPhoneからAndroid端末に機種変更した場合、LINEには移行できるデータとできないデータがあります。
最初に確認しておきましょう。

移行できるデータ

友だちリスト/グループ/プロフィール情報/ホーム画面/タイムラインの内容/購入したスタンプ ※1/着せかえ情報/ノートの投稿/アルバムの投稿/Keepに保存したデータ/連動アプリの登録データ ※2

※1 購入したスタンプは、移行後に再ダウンロードが必要です。

※2 引き継げないものもあります。詳細はLINEゲームやLINE PLAYで確認してください。

移行できないデータ

トーク履歴 ※/トークの背景/通知音/異なるOS間でのコイン残高

※iPhoneからAndroid端末に機種変更した場合、トークのデータは引き継ぐことができませんが、テキストファイルとして保存することが可能です。詳細はコラムを参照してください。

LINEのデータを移行する

まずは、iPhoneで使用しているLINEのアカウント情報を開き、メールアドレスが登録されているかどうかを確認します。
未登録の場合は、ここで設定を行います。

電話番号のみでログインしている場合は、アカウントの引き継ぎ及びデータの移行が一切できません。

なお、機種変更時に電話番号も変える場合は、メールアドレスの登録と同時に2段階認証の設定が必要になります。
ここでメールアドレスの登録が済んだら、「2段階認証の設定をする」を参照してください。

また、電話番号を登録せず、Facebook認証のみでLINEを利用している場合も2段階認証の設定が必要です。

① 「…」(その他)画面の表示

「…」(その他)をタップし、さらに画面上の歯車アイコン(設定)をタップします。

 「…」(その他)画面の表示

② 「設定」画面の表示

「設定」画面が表示されます。
ここの「アカウント」をタップします。

「設定」画面の表示

③ 「アカウント」画面の表示

「アカウント」画面が表示されます。

ここでメールアドレス欄が「登録完了」となっている場合は、以降の設定は不要です。
念のためここをタップして、登録しているメールアドレスを確認しておいてください。

なお、データの移行時にはメールアドレス登録時のパスワードも必要になるので、あわせて確認しておいてください。

画面のように電話番号のみでメールアドレスが「未登録」の場合は、メールアドレスの登録が必要です。

 「アカウント」画面の表示

④ メールアドレスの登録

「メールアドレス登録」の「未登録」をタップすると、メールアドレスの登録画面が表示されます。

メールアドレスを入力して「OK」をタップします。メールアドレスは、パソコンでも使えるGmailがお奨めです。

メールアドレスの登録が済むと、メール認証の画面が表示されます。

メールアドレスの登録

⑤ メール認証の実行

メールアドレスを登録すると、登録したメールアドレス宛てに数字4桁の暗証番号が送信されます。

その番号をメール認証画面に入力して「メール認証」をタップします。
確認のメッセージが表示されたら「OK」をタップします。

これで準備は完了です。
Android端末でLINEを使う」を参照してデータの移行を完了してください。

なお、電話番号も変更になる場合は、「2段階認証」の設定に進んでください。

メール認証の実行

トークの履歴をバックアップ

トークの履歴は新しいAndroid版LINEには移行できませんが、トークごとにテキストを保存することでAndroid端末でも読むことができます。

保存できるデータはテキストのみで、写真やスタンプなどは送信できません。

保存したいトーク画面の「V」マークをタップ、「設定」をタップして表示される画面で「トーク履歴を送信」をタップします。

送信するアプリの選択画面が表示されるので任意のアプリを選択してください。

たとえば、メールを選べば、トークの内容が添付された状態でメールアプリが起動するので、自分宛てに送信します。

Android端末でメールを受信し、添付ファイルをタップすれば内容を読むことができます。

添付ファイルを保存すると、「ダウンロード」または「ファイル」フォルダーに保存されます。

保存したトークの履歴を読みたい場合は、アプリ一覧画面から「ダウンロード」または「ファイル」をタップし、一覧からトーク履歴をタップして開きます。

トークの履歴をバックアップ

2段階認証の設定をする

機種変更の際に電話番号も同時に変更する場合は、メールアドレスの登録以外に、2段階認証の設定が必要です。

また、電話番号の登録をせずにFacebook認証のみでログインしている場合も2段階認証の設定を行ってください。

なお、2段階認証の有効期限は24時間です。機種変更する当日に行うようにしましょう。
もし、24時間を過ぎてしまった場合は、再度、設定を行ってください。

⑥ 2段階認証の設定

「…」(その他)→歯車アイコン(設定)で設定画面を表示して「アカウント引き継ぎ設定」をタップします。

表示される画面で「アカウントを引き継ぐ」をオンに設定します。

確認画面が表示されたら「OK」をタップします。

これで準備は完了です。
メールアドレスの登録も済んでいれば、「Android端末でLINEを使う」を参照してデータの移行を完了してください。

2段階認証の設定

Android端末でLINEを使う

メールアドレスや2段階認証の設定が完了したら、Android端末にLINEをインストールします。

あとは、先に設定したメールアドレスかFacebookでログインするだけです。

⑦ LINEのインストールとログイン

Android端末にLINEをインストールし、「ログイン」をタップします。

「新規登録」でログインすると、データの移行ができなくなるので注意してください。

LINEのインストールとログイン

⑧ メールアドレスとパスワードの入力

iPhoneで登録していたメールアドレスとパスワードを入力して「確認」をタップします。

以前に使用していた端末でLINEが使えなくなる旨、確認の画面が表示されるので「確認」をタップします。

なお、Facebook認証を利用する場合も、ここではメールアドレスとパスワードの入力が必要です。

メールアドレスとパスワードの入力

⑨ 電話番号またはFacebookでのログイン

電話番号を入力して「次へ」をタップします。

Facebook認証を利用する場合は、「Facebookログイン」をタップして、Facebookのアカウントでログインしてください。

・電話番号が同じ場合
電話番号が変更にならない場合は、これで操作は終了です。
LINEが起動し、年齢確認の画面で設定を終えると、手順⑪のように友だちやグループの一覧が表示されます。

・電話番号が変わる場合
機種変更で電話番号も変更になる場合、手順⑩の引き継ぎ認証の画面が表示されます。

電話番号またはFacebookでのログイン

⑩ 引き継ぎ認証の設定

電話番号が変更になった場合、次のような「引き継ぎ認証」画面が表示されます。
そのまま「続行」をタップすると、SMSで数字4桁の2段階認証コードが送られてくるので、番号を入力して「OK」をタップします。

引き継ぎ認証の設定

その他の引き継ぎ方法

「引き継ぎ認証番号を受け取る」は、PC版LINEを使用している場合などに選択します。
この場合、LINEのトークに認証番号が送られます。

「他の方法でアカウントを引き継ぐ」をタップすると、これまでの操作をキャンセルして最初から操作をやり直します。

⑪ 友だち一覧の表示

LINEが起動し、年齢確認の画面で設定を終えると、友だち一覧の画面が表示されます。

データが移行されているかを確認してみましょう。

たとえば、「友だち」をタップすると、iPhoneに保存されていた友だち一覧やグループなどが、Android端末に移行されていることが確認できます。

友だち一覧の表示

これでLINEのデータの移行は完了しました。
iPhoneに引き続き、LINEを利用することができます。

グループや購入したスタンプの情報なども移行できているので確認してみましょう。

※以前購入したスタンプは、「設定」→「スタンプ」→「マイスタンプ」から再ダウンロードが必要になります。

このページの先頭へ