AQUOS PHONE ZETA SH-09D
  • White
  • White

外部機器連携ガイド

対応microSDメモリカード

発売元(敬称略) 型番 容量
株式会社東芝 SD-MF002G 2GB
SD-MF004G 4GB
SD-MF008G 8GB
SD-MF016G 16GB
SD-MF032G 32GB
パナソニック株式会社 RP-SM02GFJ1K 2GB
RP-SM04GFJ1K 4GB
RP-SM08GFJ1K 8GB
RP-SM16GCJ1K 16GB
RP-SM32GFJ1K 32GB
サンディスク株式会社 SDSDQ-002G-J35A 2GB
SDSDQ-004G-J35A 4GB
SDSDQ-008G-J35A 8GB
SDSDQ-016G-J35A 16GB
SDSDQ-032G-J35A 32GB
SDSDQY-064G-J35A 64GB
SDSDQU-064G-U46A 64GB

2012/6/29 更新

動画撮影時のご注意

動画を長時間撮影したり、長時間カメラを起動するとFOMA端末が温かくなり、カメラを終了することがありますが、異常ではありません。しばらくたってからカメラをご利用ください。

  • ※使用するmicroSDカードと端末の設定によっては動画再生時にコマ落ちが発生する場合があります。
  • ※microSDカードの仕様は変更されることがあります。同じ型番でも製造時期によっては動作が異なる場合があります。
BACK TO TOP

対応マイク付きイヤホンリスト

発売元(敬称略) 型番
ラスタバナナ RB8EF
RB8TF
Plata WM-187
カシムラ KD-106
Creative EP-630i
エレコム EHP-SMIN100
BOSE MIE2
mobile on-ear headset
ロジクール TRIPLE Fi 10vi

2011/6/29 現在

より良い受信状態でワンセグの視聴/録画をお楽しみいただくために

同梱しておりますマイク付ステレオヘッドセット(試供品)もしくはステレオイヤホンマイク01(別売)、ステレオイヤホンマイク02(別売)のイヤホン部を接続してご利用になると、より良い受信状態でワンセグの視聴/録画をお楽しみいただけます。

BACK TO TOP

WiーFi通信を利用して静止画、動画や音楽を大画面テレビで楽しむ

WiーFi通信を利用して、microSDカードに保存した静止画データ、動画データ、音楽データをホームネットワーク対応のAQUOSで視聴することできます。

ホームネットワーク対応AQUOSとワイヤレスで簡単連携

Wi-Fi通信でホームネットワークに接続するので、わずらわしいケーブル接続は必要ありません。
また、WPS方式の無線LAN親機をご利用の場合は、簡単に接続設定を行うことができます。

ホームネットワーク対応AQUOS 機種一覧

ホームネットワーク対応AQUOSの機種名については、「ホームネットワーク対応のAQUOS(機種)と対応機能」を参照ください。

ホームネットワーク対応AQUOSで再生できるデータ

データの種別 ファイル形式 フォルダ階層
静止画 ※1 JPEG
\DCIM、
\PRIVATE\SHARP\CM\PICTURE
動画 MP4、3GP(映像コーデック: H.264、音声コーデック:aac)
\DCIM、
\PRIVATE\SHARP\CM\MOVI
音楽データ ※2 MP3、LPCM(44.1kHz/2ch)、WAV(44.1kHz/2ch)
\PRIVATE\SHARP\CM\MUSIC、
\PRIVATE\SHARP\CM\SOUND
  • ※1 画像サイズが「4096×4096」より大きい静止画は、表示できません。
  • ※2 WAVファイルはデータ形式がLPCMの場合のみ再生できます。また、LPCMは端末には表示されません。
  • * それぞれ1000件を超えるデータは公開できない場合があります。
  • * 公開するデータは、あらかじめmicroSDカードの上記「フォルダ階層」に格納しておいてください。
  • * 利用できるデータに制限のあるAQUOSがあります。 利用できるデータはホームネットワーク対応AQUOS機種一覧をご参照ください。
  • * 正常に接続できない場合は、次のことを確認してください。
    • ・アクセスポイントの設定
    • ・Wi-Fi接続の状態
    • ・接続するホームネットワーク対応機器のネットワークの設定
    • ・ホームネットワーク対応機器のセキュリティソフト/ファイアウォールの設定
    • ・端末のホームネットワーク設定
    • ・省エネWi-Fiの設定
BACK TO TOP

ワイヤレス出力を利用する

SH-09Dの画面を、液晶テレビなどの映像機器に表示することが可能なワイヤレス出力に対応しています。
※ HDCP非対応のため、写真やブラウザなどの一部のコンテンツのみワイヤレス出力することができます。

ワイヤレス出力 接続確認機器 一覧

ジャンル 品名(型番) メーカー その他
液晶テレビ AQUOS MX1
(LC-24MX1)
SHARP  
  • * 起動しているアプリや表示しているコンテンツによっては、ワイヤレス出力ができない場合があります。
  • * 起動しているアプリによっては、途中で終了する場合があります。
  • * ワイヤレス出力中は、著作権保護コンテンツを再生できないことがあります。
  • * 電池残量が少なくなった場合は、自動的にワイヤレス出力を停止します。
  • * 通話中、着信中、MHL™接続中はワイヤレス出力ができません。ワイヤレス出力中に着信があった場合は、ワイヤレス出力を停止します。
  • * エコ技設定で省エネWi-Fiを[ON]にしている場合に相手のテレビと正常に接続できなくなることがあります。このような場合には、省エネWi-Fiを[OFF]にしてください。
  • * 周囲の環境によっては、無線の干渉を受けて映像が乱れたり音飛びが発生したりする場合があります。また、接続に失敗したり、出力が切れてしまう場合があります。端末とテレビが障害物やその他の無線機器のない見通しの良い環境でご利用ください。
BACK TO TOP

ブルーレイディスクレコーダーで録画した番組をUSB経由で転送する

ブルーレイディスクレコーダーでお気に入りの番組を録画。USBケーブルを接続してケータイに最適なサイズにモバイルコンテンツ化した録画データを転送します。忙しい朝などでも高画質な映像をスピーディに転送して持ち歩くことができます。

対応ブルーレイディスクレコーダーリスト

機種名 転送できる番組の種類 接続方法 動画の保存先
メモリ フォルダ
シャープ ※1
BD-T2100
BD-T1100
BD-T510
BD-W1100
BD-W510
BD-HW51
BD-HDW80
BD-HDW75
BD-HDW73
BD-HDW65
BD-HDW63
地上デジタル放送
BSデジタル放送
CSデジタル放送
USBケーブル ※2 microSDカード [コンテンツマネージャー]
⇒[TV/SD-Video]

2012/11/20 現在

  • * 掲載している情報は動作確認の結果であり、お客様にすべての動作を保証するものでは ありませんので、あらかじめご了承ください。
  • * 上記機種との接続を保証するものでは有りません。また、機種によっては確認後に仕様変更等が行われ、情報が変更になる可能性がありますので、ご了承願います。
  • * 各機種の操作方法等については、レコーダー窓口にご相談ください。
  1. ※1.ブルーレイディスクレコーダーの仕様追加ダウンロードおよびソフトウェア更新が必要な場合がありますので、詳しくはシャープホームページをご確認ください。
  2. ※2.接続には「microUSB接続ケーブル01(別売)」をご使用ください。

お問い合わせ

シャープデータ通信サポートセンター

電話番号 050-5846-5411
受付時間 平日10:00〜12:00 / 13:00〜17:00
(土・日・祝日および所定の休日を除く)
BACK TO TOP

Bluetooth®を利用する

多彩な機器連携ワイヤレスネットワークを手軽に構築できるBluetoothに対応。ワンセグや音楽を対応機器で再生するなどの楽しみ方に加え、カーナビ連携にも対応し多彩な機器連携が可能となりました。
また、aptX対応のヘッドホン等と組み合わせて使用することで、高品位なワイヤレスサウンドをお楽しみいただくことができます。

対応規格

対応バージョン Bluetooth標準規格Ver.3.0+EDR
対応プロファイル
  • HSP(Headset Profile)
  • HFP(Hands-Free Profile)
  • A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)
  • AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)
  • HID(Human Interface Device Profile)
  • OPP(Object Push Profile)
  • SPP(Serial Port Profile)
  • PBAP(Phone Book Access Profile)
  • PAN(Personal Area Networking Profile)
  • HDP(Health Device Profile)
  • ※ FOMA端末およびすべてのBluetooth機能搭載機器は、BluetoothSIGが定めている方法でBluetooth標準規格に適合していることを確認し、認証を取得しています。ただし、接続する機器の特性や仕様によっては、操作方法が異なったり、接続してもデータのやりとりができない場合があります。

接続してできること

HSP:Headset Profile(ヘッドセットプロファイル)

端末に市販のBluetooth対応ヘッドセットをBluetooth接続すると、ワイヤレスで通話できます。

HFP:Hands Free Profile(ハンズフリープロファイル)

端末にカーナビなど市販のBluetooth対応ハンズフリー機器をBluetooth接続すると、カーナビなどを利用してハンズフリー通話できます。

A2DP:Advanced Audio Distribution Profile(アドバンスドオーディオディストリビューションプロファイル)
AVRCP:Audio/Video Remote Control Profile(オーディオ/ビデオリモートコントロールプロファイル)

端末に市販のBluetooth対応オーディオ機器をBluetooth接続すると、ワイヤレスで音楽や ワンセグの音声などを再生できます。また、Bluetooth機器からリモコン操作できる場合もあります。ただし、データの種類によっては対応する機器が制限されます。

HID:Human Interface Device Profile(ヒューマンインターフェースデバイスプロファイル)

端末にキーボードやマウスなど市販のBluetooth対応入力デバイスをBluetooth接続すると、Bluetooth機器から端末を操作できます。

OPP:Object Push Profile(オブジェクトプッシュプロファイル)

端末にBluetooth機器をファイル転送サービスで接続すると、Bluetooth機器との間でデータの送受信を行うことができます。

SPP:Serial Port Profile(シリアルポートプロファイル)

仮想的なシリアルケーブル接続を設定し機器間を相互接続することができます。

PBAP:Phone Book Access Profile(フォンブックアクセスプロファイル)

Bluetooth機器にシステムメモリの電話帳データを転送することができます。電話帳データの内容によっては、相手のBluetooth機器で正しく表示されない場合があります。

PAN:Personal Area Networking Profile(パーソ ナルエリアネットワークプロファイル)

パソコンなどのネットワークに参加し、インターネット接続を共有することができます。

HDP:Health Device Profile(ヘルスデバイスプロ ファイル)

体重計などの市販のBluetooth対応健康器具とデータ通信を行うことができます。

aptX:

aptXとは、高音質と低レイテンシ(遅延が少ない)を特長とするBluetoothのオーディオ用コーデックです。aptXロゴのついたBluetooth対応ヘッドホン等と組み合わせて使用することで、高品位なワイヤレスサウンドをお楽しみいただくことが可能です。

  • ※Bluetoothとそのロゴマークは、Bluetooth SIG,INKの登録商標です。

Bluetooth®接続確認機器リスト

Bluetooth®接続確認機器 一覧

ジャンル 品名 メーカー HFP A2DP AV
RCP
HID OPP
スピーカー LBT-AVSP500 ※1 ELECOM Logitec        
LBT-MPSP100BK
※1
ELECOM Logitec    
ヘッドセット DR-BT100CX SONY    
DRC-BT15P SONY    
DR-BT101 SONY    
DRC-BT30P SONY    
DR-BT160AS SONY    
MW600 SONY ERICSSON    
HBH-DS205 SONY ERICSSON    
BT3030 Jabra    
CLIPPER Jabra    
LBT-AR300 ※1 Logitec    
LBT-AR200C2 Logitec    
LBT-AVHP300NCBK
※1
Logitec    
WP-350 Creative    
携帯電話 SH-10C docomo        
SH-03D docomo        
SH-05D docomo        
SH-03C docomo        
SH-12C docomo        
SH-13C docomo        
SH-01D docomo        
SH-02D docomo        
SH-06D docomo        
003SH SoftBank        
006SH SoftBank        
007SH SoftBank        
009SH SoftBank        
101SH SoftBank        
102SH SoftBank        
103SH SoftBank        
104SH SoftBank        
IS03 au        
IS05 au        
INFOBAR A01 au        
IS13SH au        
IS14SH au        
キーボード TK-FBP017 ELECOM        
RBK-2100BTJ Reudo        
RBK-2200BTi Reudo        
TK-FBM032 ELECOM        
TK-FBP013(EWH) ELECOM        
TK-FBP013(BK) ELECOM        
  • ※上記の表は、当社確認のBluetooth®対応機種一覧です。
  • ※上記機種との接続を保証するものでは有りません。また、機種によっては確認後に仕様変更等が行われ、情報が変更になる可能性がありますので、ご了承願います。
  • ※各機種の操作方法等については、各社にご相談ください。
  • ※上記接続機器は販売終了している可能性がございます。詳細は各機器メーカーへお問い合わせください。
  • ※1:aptXに対応しています。

良好な接続を行うために、次の点にご注意ください。

  • ○FOMA端末と他のBluetooth機器とは、見通し距離約10m以内で接続してください。間に障害物がある場合や、周囲の環境(壁、家具など)、建物の構造によっては接続可能距離が短くなります。特に鉄筋コンクリートの建物の場合、上下の階や左右の部屋など鉄筋の入った壁をはさんで設置したときは、接続できないことがあります。上記接続距離を保証するものではありませんので、ご了承ください。
  • ○電気製品、AV機器、OA機器などからなるべく離して接続してください。電子レンジ使用時は影響を受けやすいため、できるだけ離れてください。近づいていると、他の機器の電源が入っているときは、正常に接続できなかったり、テレビやラジオの雑音や受信障害の原因になったりすることがあります(UHFや衛星放送の特定チャンネルではテレビ画面が乱れることがあります)。
  • ○放送局や無線機などが近くにあり正常に接続できないときは、接続相手のBluetooth機器の使用場所を変えてください。周囲の電波が強すぎると、正常に接続できないことがあります。
  • ○Bluetooth機器を鞄やポケットに入れたままでもワイヤレス接続できます。ただし、Bluetooth機器とFOMA端末の間に身体を挟むと、通信速度の低下や雑音の原因になることがあります。
  • ○Bluetooth機器と無線LAN(IEEE802.11b/g)は同一周波数帯(2.4GHz)を使用するため、無線LANを搭載した機器の近くで使用すると、電波干渉が発生し、通信速度の低下や雑音、接続不能の原因になることがあります。この場合、無線LANの電源を切るか、FOMA端末や接続相手のBluetooth機器を無線LANから10m以上離してください。
  • ○Bluetooth機器が発信する電波は、電子医療機器などの動作に影響を与える可能性があります。場合によっては事故を発生させる原因になりますので、次の場所ではFOMA端末の電源および周囲のBluetooth機器の電源を切ってください。
    • 電車内/航空機内/病院内
    • 自動ドアや火災報知機から近い場所
    • ガソリンスタンドなど引火性ガスの発生する場所
BACK TO TOP

HDMI変換ケーブルでテレビに接続し、大画面で楽しむ

撮影したハイビジョン動画を、液晶テレビAQUOSの大画面で楽しめます。HD動画なら、画面いっぱいの迫力で、撮ったときの臨場感そのままに美しい映像が楽しめます。さらにAQUOSのリモコンでコンテンツの選択/再生/停止などの操作も可能です。

  • ※ 別売のHDMI変換ケーブルおよびHDMIケーブルが必要です。
  • ※ MHLおよびMHLロゴ、Mobile High-Definition LinkはMHL,LLCの商標または登録商標です。
  • ※ MHL対応AQUOSにつきましてはこちらをご確認ください

対応HDMI変換ケーブル一覧

発売元(敬称略) 型番
エレコム株式会社 MPA-MHL005BK
株式会社バッファローコクヨサプライ BSMPC16M10BK
BACK TO TOP

USBホスト機能対応変換ケーブル

長文メールやビジネス文書を作成する際に便利なUSBキーボード、ブラウジングに便利なUSBマウスの接続に対応※。 ビジネスをはじめ、さまざまなシーンでSH-09Dを便利に活用することができます。
※100mAを超える電流を必要とする機器には使用できません。

発売元(敬称略) 型番
エレコム株式会社 MPA-EMA015BK
株式会社バッファローコクヨサプライ BSMPC11C01BK

USBホスト機能対応変換ケーブルをお使いになるときは、次のことにご注意ください。

  • ※弊社のSH-09Dとの動作確認を致しておりますが、動作保障をするものではありませんので、あらかじめご了承ください。 また、すべてのUSB機器との接続を保障するものではありません。
BACK TO TOP
BACK TO TOP