Androidはこんなことが得意!

Androidスマホでどういったことができるのか、ここでは、Androidスマホの得意なことを紹介します。

自分好みにカスタマイズできる

Androidスマホは、自分の好みで変更できる部分がたくさんあります。

ホーム画面では、壁紙だけでなく「ホームアプリ」を切り替えることで、ホーム画面のデザインを変えることが可能です。

フォントもあらかじめいくつか用意されているので、好みのものに変更すれば、オリジナリティの高いホーム画面を楽しめます。

AQUOSならダウンロードしたフォントを利用できるので、さらに自由度は広がるでしょう。

また、キーボードもさまざまなアプリがGoogle Playストアで配布されているので、使いやすいものを選んで使うことができます。

いろいろ試しながら、自分好みに変えることもAndroidスマホを持つ楽しみの1つです。

ホームアプリを変更してみよう

ホーム画面は、「設定」画面の「ホーム切替」で切り替えたいホームアプリを選択できます(AQUOS zero)。

スマホによっては、あらかじめ複数のホームアプリがプリインストールされている場合もありますが、Google Playストアから好みのものをダウンロードすることもできます。

AQUOS zeroの場合、初期状態で「AQUOS HOME」と「AQUOSかんたんホーム」の2つが用意されています。

「AQUOS HOME」と「AQUOSかんたんホーム」
▲ 「AQUOS HOME」と「AQUOSかんたんホーム」

壁紙をダウンロードしよう

シャープのスマートフォン向け公式サイトSHSHOWでは、さまざまな壁紙を無料でダウンロードすることができます。
シャープ製端末にプリインストールされているSHSOWアプリからアクセスします。

SHSHOWの壁紙ダウンロード
▲ SHSHOWの
壁紙ダウンロード

画面例では、「深雪の白田ライブ」をダウンロードして変更してみました。

なお、壁紙を変更するには、ホーム画面を長押しして表示されるメニューから「壁紙」をタップするか、「設定」→「ディスプレイ」→「詳細設定」→「壁紙」から操作できます。

壁紙を変更
▲ 壁紙を変更

ダウンロードフォントでシステムフォントを変えることも!

AQUOS zeroは、「設定」画面の「ディスプレイ」→「詳細設定」→「文字フォント設定」→「文字フォント切替」でフォントを切り替えられるようになっています。

初期状態でも4種類のフォントが用意されており、ここから選択するだけでシステムフォントを変更することができます。

また、AQUOS zeroの場合は、シャープ製端末にプリインストールされているSHSHOWアプリから、好みのフォントをダウンロードすることができます。

SHSHOWアプリをタップして起動し、画面右上のメニューをタップ、「ダウンロードフォント」をタップします。
フォントの一覧が表示されるので、好みものを選択してダウンロードします。

SHSHOWアプリで、フォントをダウンロード

ダウンロード後、「設定」画面でフォントを設定、再起動で切り替えられます。

画面例では、「ぷちくまふぉんと」をダウンロードして切り替え、設定画面を表示してみました。

「ぷちくまふぉんと」をダウンロードして切り替え、設定画面を表示

パソコンとのデータ共有も簡単!

スマホの特長を説明する際、よく「小さいコンピューター」という表現がされますが、とくにAndroidスマホはパソコンやタブレットなどほかの機器との連携に強く、簡単にデータを共有することができます。

たとえば、パソコンと直接、USBケーブルで接続してデータをやりとりしたり、パソコンで作成したファイルをAndroidスマホで開いて編集したりできます(「microSDカードが利用できる」を参照)。

豊富なサービスもGoogleアカウント1つで連携できる

Androidスマホには、標準でGoogleが提供するさまざまなサービスが用意されています。

インターネットメールのGmail、Googleカレンダー、Googleマップ、Googleフォト、Googleドライブ、動画配信サービスのYouTubeなど、便利なサービスが盛りだくさんです。

これらは、1つのGoogleアカウントで結ばれているので、同じGoogleアカウントを利用すると、パソコンやタブレットからもAndroidスマホと同様に利用することができます。

たとえば、Androidスマホとパソコンの両方でメールやスケジュールなどを確認できたり、連絡先を共有できたりします。

インターネットがつながる環境であれば、どこにいても必要なデータにアクセスできるので便利です。

なお、Googleのアプリの使い方は、「Google標準アプリ活用ガイド」で詳しく紹介しているので参照してください。

豊富なサービスもGoogleアカウント1つで連携できる

アプリ間の連携が充実!

Androidスマホで利用できるアプリには、データをアプリ間で共有したり連携したりできるものがたくさんあります。

共有機能はアプリごとに異なりますが、たとえばメールの内容を簡単な操作でメモに保存したり、写真から任意の編集アプリを起動して編集したりすることができます。

データから使用したいアプリを選択できるので、データ活用の幅が広がります。

また、Google関連アプリのGmailやGoogleカレンダー、Googleマップなどの連携も強化されており、さらに利便性が高くなっています。

Googleカレンダーからシームレスな経路検索、Googleカレンダーへの予約の自動入力も

GoogleカレンダーとGoogleマップの連携では、Googleカレンダーに入力した予定に場所の指定がある場合、Googleカレンダーからマップにアクセスでき、そこから経路を検索することもできます。

Googleカレンダーからシームレスな経路検索

さらに、Gmailの場合は、ホテルや飛行機などの予約確認メールを受信すると、自動的にGoogleカレンダーに追加されます。

なお、この機能は、「カレンダー」のアプリの設定で「Gmailから予定を作成」がオンに設定されている必要があります。

Googleカレンダーへの予約の自動入力も

Androidスマホにも短所はあります

ここまでAndroidスマホでできることをiPhoneと比較しながら紹介してきました。

しかし、Androidスマホに短所がないわけではありません。

ここでいくつか、Androidスマホの苦手なことをまとめておきましょう。

スマホごとに個性が異なる

iPhoneはApple独自のスマホなので、インターフェースは統一されています。

一方のAndroidスマホは、Android OSがオープンソースのため、通信事業者やメーカーなどが独自の機能を追加することができます。

これによって、さまざまな個性的なAndroidスマホが市場を賑わせているのですが、逆にいえば、スマホによって若干、操作性が異なる場合があり、機種変更の際に少々戸惑うことがあるかもしれません。

アクセサリーの数がiPhoneと比べて少ない

Androidスマホは種類が多いため、スマホごとに販売されているケースなどのアクセサリーの種類が少ないということがあります。

また、Androidスマホは新しい製品が何種類も発売されるので、アクセサリーも新しいスマホが中心になります。

たとえば1年前のスマホの場合、アクセサリーはさらに少なくなってしまうこともあります。

ワンポイント

シャープ製スマホにぴったりなアクセサリーを探すには

シャープ製のスマホであれば、「AQUOS スマートフォンアクセサリー」を利用すると便利です。

ここでは、お使いの機種にぴったりなアクセサリーを探すことができます。

「AQUOS スマートフォンアクセサリー」のページ
「AQUOS スマートフォンアクセサリー」のページ
このページの先頭へ