スマホ・ケータイの機種変更まるわかりガイド
スマホ・ケータイの機種変更まるわかりガイド

ケータイへの機種変更ガイド

進化形ケータイに機種変更する前に

これまでの従来型ケータイから進化形ケータイに機種変更する場合、事前に準備をしないまま機種変更をすると、これまで使用していたデータを移せなくなることがあります。

具体的なデータの移行方法については個別に説明しますが、まずは機種変更前に知っておきたいことや確認しておきたいことをまとめます。

なお、ここでは従来型ケータイを「ガラケー」、進化形ケータイを「ケータイ」と呼ぶことにします。

機種変更前にやっておくべきこと

通信事業者の変更に関係なく、機種変更前に必ずやっておくべきことがあります。

1つめは、おサイフケータイやポイントサービスのアプリの移行です。

機種変更前に移行手続きをしないと、残金や残っているポイントを利用できなくなる場合があるので注意しましょう。

サービスごとに操作は異なるので、ご自身が利用しているサービスの公式サイトなどで確認しましょう。

2つめはガラケー専用サービスの確認と解約です。

i-modeやEZweb、Yahoo!ケータイなどガラケー専用のWebサイトやコンテンツはケータイでは利用できません。

とくに有料コンテンツなどを利用している場合は、解約を忘れないようにしてください。
ガラケーの契約を解約すると、ガラケー専用サイトに接続できなくなります。

3つめは、ガラケーで使用しているデータの確認です。

ケータイに移せるものと移せないものがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。次で詳しく説明します。

移行できるデータ、移行できないデータを確認する

ガラケーとケータイは見た目に大きな違いはありませんが、内部システムは大きく異なるので、ケータイでは使えないデータがあります。

機種変更前に、ガラケーで使っているデータを確認しておきましょう。

移行できるデータ

ガラケーで使用しているデータのうちケータイに移して使用できるデータは限られており、おもに次の2種類になります。

  • ・連絡先データ
  • ・写真・動画データ

この他、端末によってはスケジュールやメモ帳などを移せるものもあります。
契約している通信事業者のWebサイトなどで確認してください。

移行できないデータ

ガラケーの連絡先や写真・動画以外のデータは、ほとんどケータイでは使えないと考えていいでしょう。

ただし、通信事業者を変更しない場合、通信事業者のサービスを利用するとインターネット上で確認したり、microSDカードに保存したりできるデータもあります。

・ SMSやキャリアメールの送受信データ

SMS(ショートメッセージ)やキャリアメール(ケータイメール)については、端末間で移行はできませんが、インターネット上にバックアップをとっておき、パソコンなどから閲覧することは可能です。

詳細は、「データ移行ガイド from Android」の「キャリアメールをクラウド環境で利用する」を参照してください。

・ ケータイアプリのデータ

ガラケーで作成したアプリデータは、ケータイでは利用できません。

メモ帳やタスクリストなど端末によっては、microSDカードにバックアップできたり、データをメールに添付できるものもあるので、必要なものは機種変更前にガラケーの外に出しておきましょう。

このページの先頭へ