スマホ・ケータイの機種変更まるわかりガイド
スマホ・ケータイの機種変更まるわかりガイド

データ移行ガイド from Android

カレンダーを移そう

移行元端末のカレンダーのデータを新しい端末に移します。

移行方法は移行元端末のカレンダーで利用している同期サービスによって異なります。

なお、移行元端末がインターネットに接続できる必要があります。

カレンダーの同期の設定を確認する

Android端末ではさまざまなカレンダーを利用できますが、ほとんどのカレンダーがGoogleカレンダーと同期できるようになっていたり、独自でクラウドサービスを用意していたりします。

まずは、移行元端末のカレンダーをどのような環境で使っているかを確認しましょう。

▼ 同期サービスと移行方法
利用している同期サービス 移行方法
Googleの同期サービス
(Googleカレンダー)
新しい端末で同じGoogleアカウントを登録する。新しい端末では、Googleカレンダーと同期できるアプリであればどれでも利用可能
カレンダー独自の同期サービス 新しい端末で同じカレンダーのIDとパスワードを登録する。新しい端末では、移行元端末と同じカレンダーを使う必要がある

それでは、実際にカレンダーを新しい端末に移しましょう。

カレンダーを移行する

ここでは、Googleカレンダーと同期しているカレンダーを例に、データの移行方法を説明します。

カレンダー独自の同期サービスの場合は、「カレンダー独自の同期サービスを利用している場合」を参照してください。

ワンポイント

同期サービスを利用していない場合

カレンダーを同期せずにAndroid端末だけで利用している場合は、Googleアカウントの同期設定でカレンダーの同期を有効にすることで、Googleカレンダーと同期できます。

❶ Googleカレンダーとの同期

移行元端末のカレンダーをGoogleカレンダーと同期している場合、新しい端末にも同じGoogleアカウントを登録し、Googleカレンダーの同期を有効にするだけでデータを移すことができます。

Android端末にプリインストールされているカレンダーは、通信事業者や端末メーカー独自の機能を搭載しているものも多いですが、標準でGoogleカレンダーと同期できるしくみになっているので、データの移行も簡単です。

なお、Googleカレンダーとの同期が可能なカレンダーであれば、移行元と移行先でカレンダーの種類が異なっても問題はありません。

①移行元端末でGoogleカレンダーの同期設定を確認する

まず、移行元端末のカレンダーの同期設定が有効になっているかどうかを確認します。

アプリ一覧画面で「設定」をタップして設定画面を開き、アカウントの設定で「Google」をタップします。

アカウント欄をタップすると同期設定が表示されるので、「カレンダーを同期」にチェックが入っていることを確認してください。

移行元端末でGoogleカレンダーの同期設定を確認する
▲ 移行元Android端末

②新しい端末でGoogleカレンダーの同期設定を確認する

次に、新しい端末でカレンダーの同期設定が有効になっているかどうかを確認します。

アプリ一覧画面で「設定」をタップして設定画面を開き、「アカウント」とタップして「Google」をタップします。

Googleアカウントの同期設定が表示されるので、「カレンダー」がオンになっていることを確認してください。

新しい端末でGoogleカレンダーの同期設定を確認する
▲ 新しいAndroid端末

③新しい端末でカレンダーを開く

これで準備は完了しました。新しい端末でカレンダーを開いてみましょう。

移行元端末で追加した予定などが表示されているのが確認できます。

新しい端末でカレンダーを開く
▲ 新しいAndroid端末

これでGoogleカレンダーの同期を利用したデータ移行は完了です。

移行元端末に引き続き、カレンダーのデータを利用できます。

❷ カレンダー独自の同期サービスを利用している場合

カレンダーアプリの開発元が提供している独自の同期サービスを利用している場合は、あらかじめ登録しているIDとパスワードを新しい端末に設定することでデータを移行できます。

たとえば、カレンダーアプリの定番「ジョルテ」の場合は、独自に「ジョルテクラウド」というサービスを提供しています。

新しい端末でジョルテを起動し、あらかじめ登録しているジョルテIDとパスワードでログインすることで、データを移行することができます。

なお、詳細は使用しているカレンダーアプリのヘルプなどで確認してください。

カレンダー独自の同期サービスを利用している場合
このページの先頭へ