ブックマークを移そう

iPhoneの標準ブラウザーであるSafariで使用したブックマークをAndroidスマホの標準ブラウザーであるChromeに移行します。

SafariからChromeに直接、ブックマークを移すことはできないので、iCloudを経由してChromeに移します。

この操作では、パソコンが必要です。ここでは、Windowsパソコンを例に操作を説明します。

パソコンがMacintoshの場合は、「MacintoshとiPhoneのブックマークを同期するには」を参照してください。

iPhoneのブックマークをiCloudと統合する

最初に、iPhoneのSafariのブックマークをiCloudと統合します。

そのために、SafariとiCloudのブックマークを同期する設定にします。

同期とは、両方のデータの内容を同じに更新することです。

① iCloudにSafariを同期する

iPhoneの「設定」を開き、「(ユーザー名)」→「iCloud」をタップします。

サインインしていない場合にはサインイン画面が表示されるので、Apple IDとパスワードを入力してサインインします。

iCloudの設定画面で「Safari」がオンになっているかを確認します。
初期状態では通常、「Safari」はオンになっていますが、オフになっている場合にはタップしてオンにします。

「SafariデータをiCloudに結合します」と表示された場合は、「結合」をタップしてください。

iCloudにSafariを同期する

iCloudのブックマークをパソコンのChromeと同期する

Windows7以降のパソコンでは、iCloudのブックマークを同期するためのソフトウェアがAppleより提供されています。

これを利用して、iCloudに保存されているブックマークをパソコンのChromeに取り込みます。

② Chromeのインストール

パソコンにChromeをインストールします。

Chromeのダウンロードページにアクセスし、「Chromeをダウンロード」をクリックします。
自動的にダウンロードとインストールが開始されます。

Chromeのインストール

③ Windows用iCloudをダウンロード

AppleのWindows用iCloudサイトへアクセスし、「今すぐダウンロード」をクリックします。

次の画面で「ダウンロード」をクリックします。

Windows用iCloudをダウンロード

④ 使用許諾に同意する

ダウンロードしたファイルを実行すると、インストールが始まります。

「次へ」をクリックすると、使用許諾が表示されるので一通り目を通し、「使用許諾契約書に同意します」を選択して「インストール」をクリックします。

⑤ インストールと再起動

「ようこそiCloudへ」という画面が出たらインストールは終了です。

「終了」をクリックすると再起動を促す画面が表示されるので、「はい」をクリックして再起動します。

⑥ iCloudの同期の設定

再起動後、iCloudへのログイン画面が出るのでApple IDでサインインします。

iCloudの同期の設定画面が表示されるので、「ブックマーク」にチェックが入っている場合は「オプション」を、入っていない場合はチェックボックスをクリックしてください。

「ブックマークオプション」画面が表示されるので、「Chrome」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

再度、iCloudの同期の設定画面が表示されるので、ブックマークにChromeが選択されていることを確認して「適用」をクリックします。

iCloudの同期の設定

⑦ Chromeにアドオンを導入する

iCloudと統合するかどうか聞かれるので「統合」をクリックします。

統合が終わると、Chrome用のアドオンをダウンロードするように促されるので、「ダウンロード」をクリックします。

Chromeにアドオンを導入する

⑧ アドオンをダウンロードして追加

ブラウザーが起動して、「iCloudブックマーク」ページが開くので「Chromeに追加」をクリックしてさらに「拡張機能を追加」をクリックし、Chromeに拡張機能を追加します。

アドオンをダウンロードして追加

AndroidスマホのChromeでブックマークを使う

ここまでの作業でブックマークの移行は完了です。
AndroidスマホのChromeを起動して、ブックマークを確認してみましょう。

⑨ Chromeにログインする

「iCloudブックマーク」が追加されると、iCloudのブックマークがChromeに追加された旨のメッセージが表示され、Chromeの右上に雲のマークのアイコンが表示されます。

iCloudのブックマークがChromeに追加された旨のメッセージ

あとは、Androidスマホで使用するGoogleアカウントでChromeにログインをすることで、ほかの端末、つまりAndroidスマホのChromeとも同期するようになります。

画面右端のプロフィールアイコンをクリックして、Googleアカウントでログインします。

ログイン画面が表示されるので、Googleアカウントを入力して「次へ」をクリック、次の画面でパスワードを入力してログインしてください。

すでにログインしている場合はユーザーアカウントのアイコンをクリックします。

Chromeの同期の確認画面が表示されるので、「オンにする」をクリックします。これで操作は終了です。

Chromeにログインする
ワンポイント

同期したのにAndroidスマホのChromeに表示されない場合

ここまでの操作で同期は完了しているのにAndroidスマホのChromeにブックマークが表示されない場合は、パソコンのChromeとAndroidスマホが同じGoogleアカウントでログインしているかを確認しましょう。

また、Chromeのバージョンが古いままだと同期に失敗することがあります。
AndroidスマホのChromeを最新のバージョンにアップデートされているかも確認してください。

⑩ AndroidスマホのChromeで確認する

パソコン上でiCloudのブックマークがChromeに同期されたので、AndroidスマホでChromeを起動してみましょう。

Chromeのブックマークを開くと、iPhoneのブックマークがAndroidスマホに反映されているのが確認できます。

AndroidスマホのChromeで確認する

MacintoshとiPhoneのブックマークを同期するには

Macintoshのパソコンを使用している場合、標準ブラウザーがSafari なので、iPhoneとのブックマーク同期は簡単です。

iPhoneでiCloudの設定をしてiCloud に同期をしておくまでは、Windowsの場合と同じです。

iCloudに保存されたブックマークをMacintoshのSafariと同期するには、Macintoshのシステム環境設定から「iCloud」を選び、「Safari」にチェックを入れます。

これでiPhoneとMacintoshのSafariの間でブックマークが同期されます。

次は、ChromeにSafariのブックマークを読み込みます。
Macintosh にChromeがインストールされていない場合は、ダウンロードしてインストールしてください。

Chromeのメニューから「ブックマークと設定をインポート」を選択するとインポートの画面が表示されるので、取得先に「Safari」を選択して「インポート」をクリックします。

ブックマークと設定のインポート

これでChromeのブックマークバーに「Safariからのインポート」フォルダーが表示され、その中にブックマークが保存されます。

インポートが完了したら、ほかの端末でもブックマークが使えるように、Chromeの同期を行います。

Chromeの右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックして、Androidスマホで使うGoogleアカウントでChromeにログインし、同期をオンにしてください。

これでiPhoneのブックマークが新しいAndroidスマホで利用できるようになります。

このページの先頭へ