スマホ・ケータイの機種変更まるわかりガイド
スマホ・ケータイの機種変更まるわかりガイド

データ移行ガイド from iPhone

写真や動画のデータを移そう

iPhone内に保存されている写真や動画をAndroid端末でも楽しみたい場合は、インターネット上のサーバーに自分のファイルを保存できる「クラウドサービス」が便利です。

Googleは、Android端末に無料で15GBまで使える「Googleドライブ」のアプリを用意しているほか、端末内の写真や動画を無料で自動的に保存できる「Googleフォト」というクラウドサービスも提供しています。

ここではまず、写真データを例に「Googleドライブ」を使う方法を説明します。動画データの場合も操作方法は同じです。

また、今後、新しいAndroid端末で撮影した写真や動画はすべてクラウドに保存したいという場合は、コラム「Googleフォトで自動バックアップ」を参照してください。

なお、クラウドサービスを利用する場合は、iPhoneの通信回線または、Wi-Fiでインターネットに接続できる必要があります。

インターネット接続ができない場合は、パソコンが必要です(コラム参照)。

iPhone内の写真を「Googleドライブ」にアップロード

あらかじめ、iPhoneで「App Store」にアクセスして無料の「Googleドライブ」アプリをインストールしておきます。

① Googleドライブのインストール

iPhoneのホーム画面から「App Store」を起動して、「Googleドライブ」を検索します。
見つかったら「入手」をタップしてインストールしてください。

Googleドライブのインストール

② Googleドライブの起動

インストールが完了したら「開く」をタップするか、ホーム画面の「ドライブ」をタップします。

Googleドライブの起動

Googleドライブの紹介画面が表示されるので、画面左下の「ログイン」をタップします。

Googleドライブの紹介画面

③ Googleアカウントでログイン

Android端末で使用しているGoogleアカウントを入力して「次へ」をタップします。

続けてパスワードを入力して「次へ」をタップします。

Googleドライブへのバックアップや通知の設定が表示されたら、ここでは「オフ」に設定します。

Googleアカウントでログイン

④ Googleドライブにアクセス

Googleドライブが起動したら、画面右下の「+」をタップします。

Googleドライブにアクセス

⑤ メニューの選択

メニューが表示されるので「アップロード」をタップします。

メニューの選択

⑥ 写真の保存先の選択

写真の保存先一覧が表示されるので、ここでは「写真と動画」をタップします。

写真の保存先の選択

⑦ 写真の選択

アルバム一覧が表示されたら、任意のアルバムをタップして写真の一覧を表示します。
アップロードしたい写真をタップしてチェックマークを付けたら、画面右上の「アップロード」をタップします。

写真の選択

⑧ アップロードの実行

選択した写真がGoogleドライブにアップロードされます。
これでiPhoneでの操作は完了です。

アップロードの実行

Android端末で写真を閲覧する

iPhoneから「Googleドライブ」へのアップロードが完了したので、Android端末で確認してみましょう。

Android端末でGoogleアカウントを設定するなどの初期設定が済んでいれば、「ドライブ」アイコンをタップするだけで、Googleドライブ内の写真や動画を閲覧することができます。

なお、オフラインでも閲覧したい場合は、写真や動画ごとに設定が必要です。

⑨ Android端末でGoogleドライブアプリを起動

Android端末のホーム画面の「Google」フォルダーをタップして、さらに「ドライブ」をタップします。

「Googleドライブ」が起動します。

はじめて起動する場合はアプリ紹介画面が表示されるので、「スキップ」をタップして先に進みましょう。

アプリの起動

⑩ アップロードした写真を表示する

iPhoneからGoogleドライブにアップロードした写真の一覧が表示されます。

サムネイルをタップすると写真を表示できます。

また、写真をダウンロードしたい場合は写真右側のメニューアイコンをタップします。

アップロードした写真を表示する

⑪ 写真をダウンロードする

写真のメニュー画面が表示されます。

Android端末に写真をダウンロードしたい場合は、「ダウンロード」をタップします。

写真をダウンロードする
ワンポイント

「オフラインで使用可」とは

メニュー画面には、ほかに「オフラインで使用可」という項目があります。

これをタップすると端末に保存されてオフラインでも写真を閲覧できますが、Googleドライブアプリからでないと見られないこと、Googleドライブから写真を削除するとこの写真も削除される、などの違いがあります。

Googleドライブとは関係なく端末に保存したい場合は、「ダウンロード」を選択しましょう。

「Googleフォト」で自動バックアップ

「Googleフォト」は、Googleが無料・容量無制限で提供する、写真・動画専用のクラウドサービスです。

「Googleフォト」アプリでバックアップと同期の設定をオンにするだけで、端末内の写真や動画を自動的にバックアップし、他の端末やパソコンなどと共有することができます。

「Googleフォト」アプリはiOS版もあるので、これを使用してiPhone内の写真や動画をクラウドにアップロードすれば、Android端末でもすぐに閲覧したりダウンロードしたりできます。

「Googleドライブ」との一番の違いは、端末内の写真や動画はすべて自動的にクラウドにアップロードされてしまうことです。

また、写真は1600万画素以下に、動画は1080p以下に圧縮されます。
圧縮せずに保存したい場合は、15GB以上は有料になります。

クラウドに自動的にアップロードされたくないという場合は、「Googleドライブ」をおすすめします。

「Googleフォト」を利用するには、App Storeから「Googleフォト」を検索・インストールして起動します。

Android端末で使用するGoogleアカウントでログインし、画面の指示に従って使用回線や写真サイズを設定すると、iPhone内の写真や動画が自動的にクラウドにアップロードされます。

あとは、新しい端末で「Googleフォト」を起動すれば、写真や動画を閲覧したり、ダウンロードしたりできます。

詳しい使い方などは、Googleフォトのヘルプを参照してください。

「Googleフォト」で自動バックアップ
▲ iPhoneで「Googleフォト」をインストールして起動、設定を確認して「完了」をタップすると写真や動画がアップロードされる。
設定を変更したい場合は「設定を変更」をタップして表示される「設定」画面で行う。
「<」アイコンをタップすると、前の画面に戻るので「完了」をタップしよう。

パソコンを使ってiPhoneからAndroid端末にコピーする

パソコンを使用している場合は、パソコン経由でiPhone内の写真データをAndroid端末にコピーすることができます。

パソコンを使ってiPhoneからAndroid端末にコピーする

パソコンとiPhoneをUSBケーブルでつなぐと、iPhoneにアクセス許可を求めるメッセージが表示されるので、「許可」をタップします。

これでパソコンからiPhoneの写真が保存されているフォルダーにアクセスできるようになります。必要な写真をハードディスクにコピーしましょう。

画像とビデオのインポート
このページの先頭へ