AQUOS使いこなし技10選

テザリングとは? テザリングの種類と設定方法について

テザリングとは?
テザリングの種類と設定方法について

動画を見たり、テザリングをしたりと、何かと活躍の場が多い「Wi-Fi」。

しかし、外出先や移動中など、通信環境がない場所もまだまだ少なくはなく、「Wi-Fiを探して街を歩いた」という経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

そんなときに役に立つのが、通信環境を必要とする電子機器とスマホをつなぐスマホの「テザリング」機能です。

ここでは、テザリングの意味や種類のほか、設定方法などについて解説していきます。

さまざまな機器をネットに接続できるテザリング

テザリングとは、スマホが持っている通信機能を使い、それをアクセスポイントとしてゲーム機やパソコン、さらには使わなくなったスマホなどをインターネットにつなぐことができる機能のことです。

テザリング機能を使えば、Wi-Fi環境やモバイルルーターなどがなくても、さまざまな機器をインターネットにつなぐことができるため、生活が非常に便利になります。

特に営業などで外に出て仕事をするケースが多い人や、ゲームやカメラなどを外で使用することが多い人にとっては、ぜひ活用したい機能といえるでしょう。

テザリングを行う際の注意点

スマホをモバイルルーターの代わりとして、ゲームやカメラなどをインターネットにつなぐことができるテザリング機能。

非常に便利なものであることには間違いはありませんが、利用に際して気を付けたいポイントがいくつかあります。

以下に、その代表的なものをご紹介しましょう。

通信料がかかる

テザリングは、スマホの通信機能を使ってその他の機器をインターネットにつなぐことになるため、当然のことながらスマホのパケットを消費します。

そのため、テザリング中に容量が大きなデータをダウンロードしたり、動画を見たりするとパケットの消費が早くなり、場合によっては契約しているデータ容量をすぐに使いきってしまう可能性も少なくありません。

契約によっては、データ容量を使いきってしまうと通信制限が掛かってしまい、テザリングだけでなく、スマホそのものを操作する際のスピードが、大きく低下してしまいます。

そうなると、データ容量を買い足したり、翌月になるまで使用を我慢しなければならなくなったりするため、十分注意しなければなりません。

また、大きなデータのダウンロードなどはしなくても、パソコン用のサイトなどはスマホサイトに比べると情報量が多く、パケットを消費しやすいので、長時間テザリングの使用は注意しましょう。

さらに、パソコンでオンラインストレージと自動同期をする設定や、ゲームの自動システムアップデートなどを設定していた場合でも、パケットを大きく消費することがあります。

なぜなら、テザリングでインターネットにつないだ瞬間、自動システムアップデートがスタートしてしまうからです。

このように、通信量が多い操作は、自宅などの通信環境が整ったところで行うことを前提とし、スマホのパケット通信を無駄遣いしないようにしましょう。

バッテリーを消費する

テザリングをする際、スマホの通信機能を用いるということは、それだけスマホの稼働量が増えるということです。

稼働量が増えれば、バッテリーの消費も早くなってしまうため、通信料の問題とともに注意をしておかなければなりません。

そのため、事前にスマホ用のモバイルバッテリーを用意したり、電源が確保できる場所を探したりすることも大切といえるでしょう。

テザリングができない機種もある

極めて少ないケースではありますが、機種によってはテザリングが利用できない可能性もあります。

自分のスマホでテザリングが使えると思っていても、いざ必要になった場面で試してみたら使えなかったとなるとダメージも大きいですから、事前に確認しておきましょう。

おもなキャリアのウェブサイトでは、テザリングの対応機種を確認することができます。

【NTTドコモ】
対応機種:Wi-Fiテザリング対応機種

【ソフトバンク】
テザリングオプション

【au】
テザリングオプション

テザリングの利用は「事前に」申込みが必要

お持ちのスマホでテザリング機能を使うためには、利用している各キャリアで事前の申込み、およびオプション料金の支払いが必要な場合があります。

利用料金については、おもなキャリアのウェブサイト、それぞれに記載されている情報をご参照ください。

【NTTドコモ】
https://www.nttdocomo.co.jp/service/tethering/

【ソフトバンク】
https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/options/tethering/

【au】
https://www.au.com/mobile/service/smartphone/tethering/

テザリングの3つの接続方法

テザリングには、「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」の、大きく分けて3つの接続方法があります。

それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

Wi-Fi接続の場合

3つのテザリング方法の中でも、Wi-Fiを用いたテザリングは最も一般的な方法といえます。

スマホの通信をWi-Fi接続の親機として活用する使い方になりますが、通信速度が速めというメリットがある一方、スマホのバッテリー消費も多くなってしまうというデメリットがあります。

Bluetooth接続の場合

テザリングをしたい機器にBluetoothが搭載されている場合、Bluetoothを用いたテザリングを行うことが可能となります。

Wi-Fiでのテザリングに比べるとバッテリーの消費を抑えられるため、電源を確保できない場所で利用するのに向いています。

一方で、通信速度はWi-Fiより遅くなってしまうので、使う場面を選ぶ必要があるでしょう。

USB接続の場合

パソコン等とスマホを直接USBでつなぐことで、テザリングを行うことが可能です。

有線接続のため、Wi-FiやBluetoothに比べて接続が安定しやすく、通信速度も高速域を維持しやすいことがメリットです。

さらに、USB接続されているため、パソコンなどとつなげばスマホの充電も同時に行うことができます。

ただし、パソコンのバッテリーの減りは当然早まるため、その点は注意しましょう。

なお、USBケーブルには充電専用の物と通信可能な物の2種類があります。

充電専用のケーブルを利用していると、スマホがテザリング可能であっても、その機能を果たすことはできません。

テザリングの設定方法

ここからは、実際にスマホでテザリングを設定する方法について解説していきます。

アプリ一覧の「設定」をタッチします。

❶ アプリ一覧の「設定」をタッチします。

次に、「ネットワークとインターネット」をタッチ。

❷ 次に、「ネットワークとインターネット」をタッチ。

「アクセス ポイントとテザリング」をタッチします。

❸ 「アクセス ポイントとテザリング」をタッチします。

「Wi-Fiテザリング」をタッチし、ONに切り替えてください。

❹ 「Wi-Fiテザリング」をタッチし、ONに切り替えてください。

※このとき、Bluetooth接続がしたい場合は「Bluetoothテザリング」、USB接続がしたい場合は「USBテザリング」をタッチします。この2つの接続方法の場合はここで操作終了です。

続いて、「Wi-Fiテザリングを設定」をタッチします。

❺ 続いて、「Wi-Fiテザリングを設定」をタッチします。

「パスワードを表示する」をタッチ。表示されている「パスワード」をメモします。

❻ 「パスワードを表示する」をタッチ。表示されている「パスワード」をメモします。

ここで入手したパスワードをパソコンなどのテザリング接続したい端末に入力すれば、インターネットに接続できるようになります。

なお、パスワードは、8文字以上の任意の文字列に変更することが可能です。

テザリングを使いこなして、どこでも気軽にネットを楽しもう

近年は、街中にフリーWi-Fiなどが飛び交い、どこでもネットにつながるように思いがちですが、それらの通信速度やセキュリティは低く、使いたいときに限って使えないということもよくあります。

しかし、テザリングを使いこなせるようになれば、全国どこでもほとんどの場所で手持ちの機器をスマホ経由でインターネットに接続することができるようになります。

難しい操作は必要ではありませんので、苦手意識がある人でもまずは一度挑戦してみることをおすすめします。

※この記事は、SH-03K(Android 8.0)を利用し、2019年2月時点での機能やサービスの動作の確認をした内容に基づき制作いたしました。

このページの先頭へ